掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2013年06月18日
ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボ(細身越年蜻蛉)は低山地の水草の多い池などに生息し、未成熟時は雄雌とも淡い褐色をしていますが、雄は成熟すると美しい青色に、雌は薄い水色になる中型のイトトンボです。成虫で冬を越し(越年)、オツネントンボよりやや細身なのでホソミオツネントンボの名が付きました。

オツネントンボのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000360530.html

ホソミオツネントンボ
: トンボ目アオイトトンボ科ホソミオツネントンボ属
: 北海道・本州・四国・九州・奄美大島
: 腹長 35〜42mm

ホソミオツネントンボ1-1
ホソミオツネントンボ (6月15日、佐久市で撮影)
ホソミオツネントンボ1-2

ホソミオツネントンボ1-3

ホソミオツネントンボ1-4
ホソミオツネントンボ (6月15日、佐久市で撮影)
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
ホソミオツネントンボ
名前の通り、とてもスリムな体型のトンボですね。
水色の体がとても目立ちますね。
投稿者: トミー at 2013-06-19 08:43:27
トミーさんへ
>水色の体がとても目立ちますね。
水色の中に淡い褐色の模様が入り、お洒落なイトトンボですね。
投稿者: 良さん at 2013-06-19 16:07:20

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000418031.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000418031.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら