掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2012年09月12日
オオルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ(大瑠璃星蜻蜓)は、寒冷な湿原や池、沼などの挺水植物が繁茂する所に生息し、ルリボシヤンマ属の中では最大のヤンマです。雌は、斑紋が黄緑色の緑色型と、雄と同じ色の青色型があります。

産卵は雌が単独で行い、水中に腹まで浸かって植物の組織内に産みつけます。卵は、翌春に孵化しヤゴのまま少なくとも1回以上、冬を越して初夏に羽化します。高い山では羽化するまで四年くらいかかるようです。

オオルリボシヤンマ
: トンボ目ヤンマ科ルリボシヤンマ属
: 北海道・本州・九州南部
: 体長 80mm前後

オオルリボシヤンマ1-2
池の上を飛翔するオオルリボシヤンマの雄 (8月8日、軽井沢町で撮影)
オオルリボシヤンマ1-1
池の上を飛翔するオオルリボシヤンマの雄 (8月8日、軽井沢町で撮影)

オオルリボシヤンマ1-3
沼の上を飛翔するオオルリボシヤンマの雌 (8月4日、志賀高原で撮影)

オオルリボシヤンマ1-4
産卵中のオオルリボシヤンマの雌 (8月4日、志賀高原で撮影)
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
オオルリボシヤンマ
とても長い名前のトンボですね。
気持ち良さそうに飛んでいて、なんだか人間の私はうらやましいです。
家の庭でも大きなトンボをよく見かけますよ。
投稿者: トミー at 2012-09-13 09:06:32
トミーさんへ
>気持ち良さそうに飛んでいて、
自分のテリトリーをパトロールする為にずっと飛び回っていますので、気持ちが良いのかどうか??
投稿者: 良さん at 2012-09-13 16:50:12

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000397295.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000397295.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら