掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年11月24日
アオハダの実
アオハダ(青膚、青肌)は、山地の明るい落葉広葉樹林中に生える雌雄異株で高さ10m位の
落葉高木です。5〜6月に白、緑白色の花を咲かせ、秋に長さ7mm程の赤い実をつけます。

アオハダの名前の由来は、樹皮が薄く、硬い物でこすると緑色の皮層が出るので、「青肌」になりました。大きく生長した樹木で樹皮が薄く、葉緑素を含んだ皮層がある植物は、多くありません。材は、玩具、寄木細工、薪炭、象眼、東北地方では、こけしによく使われています。

アオハダ(青膚、青肌)
: モチノキ科モチノキ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 落葉高木

アオハダ1-1.jpg
アオハダの実 (11月12日、軽井沢町植物園で撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:36 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
知らない木ばかりです
実がなる木も、沢山ありますね。
雨上がりでしょうか。
雨粒がかわいいですね。
投稿者: えむり at 2005-11-24 20:05:28
無題
いつも名前の由来には!!その通りですね。
さすが!綺麗に撮れて・・・・・
投稿者: 名無しさん at 2005-11-25 08:48:44
赤い実
植物にうとい私には、赤い実を見ると”南天”
としか思い浮かびませんでした。
赤い実を付ける木が随分あることを
良さんのブログから学びました。
投稿者: かおる at 2005-11-25 15:13:00
えむりさんへ
>知らない木ばかりです
私もブログを始めないと、一生、知らない木ばかりでした。ブログを始めて良かったと思っています。
>雨上がりでしょうか。
雨上がりの雨滴がついた実は、素敵でした。
投稿者: 良さん at 2005-11-25 18:21:42
名無しさんへ
>いつも名前の由来には!!その通りですね。
なるほどと思う花の名前が付いている場合と、どうして?? と言う名前も時にはありますね。
投稿者: 良さん at 2005-11-25 18:26:39
かおるさんへ
>赤い実を付ける木が随分あることを
実の写真を撮るようになって分かりましたが、8割近くが赤い実でした。
ブログを始めたお陰で、色々な物に目が行くようになり、良かったと思っています。
投稿者: 良さん at 2005-11-25 18:34:06

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/a03369/0000091146.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000091146.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら