掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年03月13日
小諸高原美術館
市立小諸高原美術館は、小諸出身の日本画家・白鳥映雪(しらとり・えいせつ、2007年6月15日死去。享年95才)氏から寄贈された作品66点や、水彩画の先達画家、丸山晩霞、三宅克己、版画家・北沢収治、農民画家・佐藤利平など生涯を郷土で送り、制作に精進した作家たちの作品を収蔵しています。飯綱山の山頂に建っていますので、美術館からの眺望もよく、目の前に浅間山が、天気の良い日には富士山を遠くに見ることが出来ます。

日本の伝統美を70年以上にわたって追求してきた白鳥映雪画伯は、2003年5月、脳梗塞に倒れ右半身の自由を失いましたが、絵筆を左手に持ちかえて病室で再び創作活動を始め、霧の中にたたずむ女性の内面の美しさを表現した「霧の女」を描き上げられました。

「絵はどこまでいっても無限である。何か光を見出すように描いている。
再び取り戻した命、まだまだ画業道に精進する決意である」 白鳥映雪 93歳

小諸高原美術館1-1
小諸高原美術館 (3月9日、小諸市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月12日
懐古園
小諸市にある懐古園は、小諸城址にあり、入り口の三の門(重文)には徳川家達(いえさと)の筆による「懐古園」の額が掛っています。全国的に珍しい城郭が城下町よりも低い位置にある「穴城」で、深い空堀や苔むした野面積みの石垣が昔を偲ばせています。園内には動物園や小山敬三美術館、藤村記念館、懐古神社、徴古館などがあります。また、染井吉野が多数植樹されていて、日本さくら名所100選に選ばれ、4月中旬の桜の開花時期には多くの花見客で賑わいます。

小諸市観光協会のHP
http://www.kanko.komoro.org/midokoro/kaikoen.html

小諸城址 懐古園桜まつり
http://www.kanko.komoro.org/event/04_10kaikoen-sakura/

懐古園1-1
懐古園、三の門 (3月9日、小諸市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月11日
卯建
北国街道にある海野宿に、立派な卯建(うだつ)が立っている家が数軒あります。卯建は、民家の屋根の両端を一段高くして設けた小屋根つきの土壁で、装飾と、火災の類焼を防ぐ防火壁の役割を兼ねています。卯建は、裕福な家でしか造ることが出来なかったことから、「うだつが上がらない」という言葉が出来たそうです。

東御市・海野宿
http://www.tomikan.jp/unno/

海野宿2-2
卯建 (2月25日、東御市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月10日
海野宿
東御(とうみ)市の北国(ほっこく)街道にある海野宿(うんのじゅく)は、江戸時代の旅籠屋造りと明治時代の蚕室造りの堅牢な建物が今なお残っています。昭和61年、「日本の道・百選」に、昭和62年、「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。

北国街道は、中山道と北陸道を結ぶ重要な街道で、佐渡で採れた金の輸送や北陸諸大名の参勤交代で江戸への往来に、また、善光寺に参詣する多くの人達が利用していました。

海野宿1-1
海野宿 (2月25日、東御市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2017年03月09日
佐久市民の日
今日は3月9日、39(さく)の語呂合わせで、3月9日が佐久市民の日になりました。市では公共施設の割引きや無料開放など色々な記念事業が企画され、また、色々なお店では、お得な協賛事業記念セールが行われます。

詳しくは、佐久市のHPで
https://www.city.saku.nagano.jp/

私が選んだ佐久市の名所旧跡、四ヶ所です。あと一ヶ月すれば桜の花が開花します。

佐久市民の日1-1
旧中込学校 (2016年4月15日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月08日
丸窓電車
丸窓電車は、昭和3年(1928年)から昭和61年(1986年)まで上田市と別所温泉を結ぶ上田交通・別所線を走っていました。昭和2年(1927年)に製造された三両の車両のドアの戸袋に縦長の楕円形の窓がはめ込まれていたことから、丸窓電車の愛称で親しまれていました。

新型車両導入により引退した車両は、別所温泉駅と圧力計測器(圧力計や圧力センサ等)メーカー、長野計器(株)丸子電子機器工場(上田市御岳堂)の入り口に保存されています。

友人のdokirimanさんから新作漫画が届きました。相変わらず面白いですよ。
「糟糠の…走行の妻」
http://kt9.la.coocan.jp/mywebkabu/2017soukou.htm

丸窓電車1-2
丸窓電車 (2月25日、上田市、長野計器(株)で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2017年03月07日
今日の浅間山
今日も浅間山は、噴煙を上げていました。ニュースによると、4日には上空800メートルまで噴煙を上げていたとのことです。茨城牧場長野支場(旧・長野牧場)で浅間山を撮影していると、目の前でヒバリが囀えずりながら、上空に何度も昇って行きました。鳥達も春が来たことを感じ、縄張り宣言をし始めました。

今日の天気は、晴れたり、曇ったり、雪が降ったり、短時間で目まぐるしく何度も変わりましたが、こんな天気は初めてです。今、午後五時、また雪が降り始めました。

冬の浅間山 4-1
今日の浅間山 (3月7日、佐久市、旧・長野牧場で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月06日
フクジュソウ
春が近づいたことを知らせてくれる花、フクジュソウ(福寿草)が咲いているのを見つけ、嬉しくなりました。福寿草は、種子を蒔いて花が咲くまで五年以上もかかる繁殖が難しい花で、日の射す方向に花の顔を向け、日が陰ると花を閉じてしまいます。福を招く縁起の良い花として喜ばれるところから、福寿草の名が付きました。

フクジュソウ
: キンポウゲ科フクジュソウ属
: 多年草

フクジュソウ1-1
フクジュソウ (3月6日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月05日
冬の安楽寺
上田市の別所温泉にある安楽寺は、天長年間(824〜834年)に開かれ、信州で最も古い禅寺です。鎌倉の建長寺は建長五年(1253年)わが国で初めての禅の専門道場として開かれましたが、建長寺の開祖、蘭渓道隆は、「建長寺は鎌倉で100人、安楽寺は塩田で50人の僧が修業し、仏教の中心になっている」と、大覚禅師語録に記しています。

普通の三重塔は四角形ですが、安楽寺にある国宝の三重塔は、全国で唯一の八角形をしています。また、塔の一番下に裳階(もこし)と言われるひさしが付いていますので四重塔に見えますが、正確には「裳階付・三重塔」といいます。縁や手すりがなく、柱は直接地面から立っていて、周りは板壁、屋根を支える垂木が扇の骨のように放射状に外側に出ています。この塔の建築様式を「禅宗様」といいます。

冬の安楽寺1-1
本堂 (2月25日、安楽寺で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月04日
冬の中禅寺
上田市の塩田平にある中禅寺は、真言宗智山派の寺院で、天長年間(824〜34)に空海が雨乞いの祈祷をする為に草庵を結んだのが始まりと伝えられています。中禅寺にある薬師堂は、平安時代後期に建てられた阿弥陀堂建築で(阿弥陀堂建築の代表は岩手県平泉にある国宝・中尊寺金色堂)、中部地方と関東地方で最古の建物といわれ、国の重要文化財に指定されています。

また、仁王門に安置されている木造の金剛力士立像(約207cm)は、12世紀末頃(平安時代後期)に制作されたと推定され、長野県の県宝に指定されています。

冬の中禅寺1-1
中禅寺の本堂 (2月25日、上田市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]