掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年09月02日
ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハ(姫赤立羽)は、畑や野原、高原まで広く見られ、橙色の地に黒い斑点のあるやや小型のタテハチョウで、南極大陸を除く全ての大陸に生息し、世界で最も分布の広い蝶の一つです

アカタテハ(赤立羽)に似ていますが、後翅の表はアカタテハのように褐色ではなく、橙色で黒い斑点が三列に点線状に並んでいます。

アカタテハのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000395264.html

ヒメアカタテハ
: 鱗翅目タテハチョウ科
: 北海道・本州・四国・九州 
: 大きさ(前翅長) 25〜33mm
: 幼虫の食草 ヨモギ、ゴボウなど

ヒメアカタテハ1-1
三尺バーベナで吸蜜するヒメアカタテハ (8月24日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]