掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年09月10日
ショウリョウバッタ
ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)は、背の低いイネ科植物が生えた明るい草原や都市部の公園、芝生、河川敷などに生息しています。他のバッタに比べ、細長いスマートな体型をしていて、顔が細長く 頭部が円錐形で尖り、その尖った先端に細い紡錘形の触角が2本ついています。体の色は、緑色をしているものが一般的ですが、黄褐色や両方の色が混じったものもいます。

雌は、日本に分布するバッタの中で体の大きさが最も大きく、雄と雌の大きさが倍近く違っています。8月の旧盆(精霊祭)の時季になると姿を見せ、精霊流しの精霊船に似ていることから、ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)の名が付いたと言われています。

ショウリョウバッタ
: バッタ目・バッタ科
: 本州・四国・九州・沖縄
: 時期 7〜11月
: 大きさ 雄 約45mm 雌 80〜90mm
: 食性 主にイネ科植物の葉を食べる

ショウリョウバッタ1-1
ショウリョウバッタの雄 (9月6日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]