掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年08月22日
ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン(緑豹紋)は、ヒョウモンチョウ類の中で分布が一番広く、低山地から林道沿い、野原、渓流沿い等で見られ、後翅の裏面に黄緑色の地に銀色の帯があります。5月下旬頃に羽化し、暑い夏になると夏眠に入り、涼しくなる秋に活動を再開します。蝶の名は、後翅の裏面の斑紋の色彩が薄い緑色であることから付きました。

ミドリヒョウモン
: タテハチョウ科ミドリヒョウモン属
: 北海道・本州・四国・九州
: 大きさ(前翅長) 35〜40mm
: 幼虫の食草 スミレ類

ミドリヒョウモン1-1
マツムシソウで吸蜜するミドリヒョウモン (8月6日、小諸市・高峰高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]