掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年06月03日
ヒレハリソウ
ヒレハリソウ(鰭玻璃草)は、ヨーロッパ・西アジア原産で明治時代に牧草として日本へ渡来し、5月〜6月頃に淡紅色の釣鐘状の花が咲きます。かつては葉を天ぷらにして食べていましたが、研究の結果、弱い毒性を持つ成分が含まれていることが分かり、2004年6月、厚生労働省はコンフリーを含む食品の販売を禁止しました。

ヒレハリソウ 英名 コンフリー (Comfrey)
: ムラサキ科ヒレハリソウ属
: 多年草
: 草丈 〜1m

ヒレハリソウ1-1
ヒレハリソウ (5月29日、御代田町で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]