掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年06月12日
ヤマキマダラヒカゲ
ヤマキマダラヒカゲ(山黄斑日陰)は、山地や笹のある林などに棲息し、樹液に集っています。表側、裏側とも黄褐色で黄色や黒の細かい模様があります。

キマダラヒカゲは、かつて一種だと思われていましたが、斑紋や生態に微妙な差があることが分かり、現在はヤマキマダラヒカゲとサト(里)キマダラヒカゲの二種に分けられています。ヤマキマダラヒカゲは、サトキマダラヒカゲに比べ、高地や寒冷な地方に分布しています。

ヤマキマダラヒカゲ
: タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科
: 北海道・本州・四国・九州
: 前翅長 約27〜37mm
: 幼虫の食草 アズマネザサ、チジマザサ

ヤマキマダラヒカゲ1-1
私のズボンに止まったヤマキマダラヒカゲ (6月6日、佐久穂町・八千穂高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]