掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年04月30日
桜便り、第九便
佐久市岩村田にある鼻顔(はなづら)稲荷神社は、室町時代末期に京都の伏見稲荷から勧請されて創建され、湯川の断崖絶壁に朱塗りの柱で支えられた空中楼閣の社殿は、京都の清水寺と同じ懸崖(けんがい)造りです。

日本三大稲荷は、京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷、茨城の笠間稲荷ですが、日本五大稲荷には諸説あり、佐久市観光協会があげている日本五大稲荷は ①伏見稲荷 ②豊川稲荷 ③笠間稲荷 ④佐賀の祐徳(ゆうとく)稲荷 ⑤長野の鼻顔稲荷になっています。

鼻顔稲荷神社の桜1-1
鼻顔稲荷神社の桜 (4月20日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年04月29日
桜便り、第八便
佐久市岩村田にある王城(おうじょう)公園は、大井城跡の高台にあり、北に浅間山を望み、眼下に湯川が流れています。公園の一角には樹高約26mのケヤキの巨木があり、長野県の天然記念物に指定されていて、王城公園のシンボルとなっています。

大井城跡は、鎌倉・室町時代を通じて、佐久郡の東部を中心に繁栄した大井氏宗家が城館とした場所で、幅100m前後、長さ700mの長方形をした城域は堀切によって三区分され、中央を王城、南を黒岩城(以上が県史跡)、北を石並城といい、合わせて大井城または岩村田館と呼んでいます。

王城公園の桜1-1
王城公園の桜 (4月22日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年04月28日
環水平アーク
今日のお昼頃、美しい環水平アークが現れたり消えたりしました。今まで環水平アークを何度も見ていますが、今年初めての環水平アークです。これから環水平アークが出現し易い季節になりましたので、空を観察する機会が増えます。

環水平アーク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E6%B0%B4%E5%B9%B3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF

環水平アーク1-1
環水平アーク(4月28日午前12時14分、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年04月27日
プルーンの花
プルーンの花も咲き出しました。プルーンは、黒海とカスピ海に挟まれたカフカス山脈を囲む低地にあるコーカサス地方原産で、ヨーロッパやアメリカに渡って改良され、明治時代に日本へ入って来ました。冷涼な気候を好むプルーンの生産量(平成27年)は、一位が長野県で1,704トン(国内生産量の61%) 、長野県では佐久地域が主な産地で、長野県のプルーンの約4割(670t)を生産しています。

プルーンには鉄分、ビタミン、カルシウムが豊富に含まれ、鉄分はグレープフルーツの40倍、ビタミンAは桃の4倍、ビタミンB1はリンゴ、バナナの2.5倍、ビタミンB2はオレンジの約5倍含まれています。便秘や高血圧、貧血、糖尿病に良いとされ、アメリカでは奇跡の果実(ミラクルフルーツ)と呼ばれています。

友人のdokirimanさんから新作漫画が届きました。相変わらず面白いですよ。
「新札デザイン変更」
http://kt9.la.coocan.jp/mywebkabu/2019-sinsatu.htm

プルーン
: バラ科サクラ属

プルーン1-1
プルーンの花 (4月25日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年04月26日
桜便り、第七便
佐久市岩村田(旧中山道・第22次の宿場)にある龍雲寺は、鎌倉時代の1312年に臨済宗の寺院として建立されましたが、兵火にあい衰退、文明年間(1469年〜1487年)に曹洞宗の僧、天英祥貞によって復興、曹洞宗の寺院に改められました。龍雲寺には武田信玄の遺骨と副葬品と言われている物が納めてある信玄公の霊廟が本堂の奥にあります。

龍雲寺の桜1-1
龍雲寺 (4月22日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年04月25日
桃の花
暖かい日が続き、桃の花が一気に咲き出しました。桃は、花の摘花を最低一回、実が成り出すと収穫までに摘果を三回、また病害虫に侵されやすいので、収穫するまでに消毒を15回前後もしなければならない、すごく手間の掛かる果物です。

平成29年産の桃の生産量は、山梨県が全国の収穫量の約31%、福島県が約23%、長野県が約12%で、この3県で全国の約66%を占めています。桃の語源には諸説あり、真実(まみ)から転じたとする説、多くの実を付けることから百(もも)とする説、実の色から燃実(もえみ)が転じたとする説などがあります。

桃 
: バラ科モモ属
: 中国原産
: 落葉小高木

モモ1-1
桃の花 (4月23日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年04月24日
桜便り、第六便
佐久市中込(千曲川の右岸) にあるさくラさく小径は、千曲川の自然環境を活かした水と緑に触れあえる公園で、公園の名は、「佐久」・「桜」・「咲く」を基に付けられました。2kmの遊歩道では、春は120本余りの桜(ソメイヨシノ)が咲き誇り、また、シバザクラやスイセンなど色々な花が四季を彩ります。一年を通し、ジョギングや散歩を楽しむ人達で賑わっています。

さくラさく小径の桜1-1
さくラさく小径の桜 (4月20日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2019年04月23日
桜便り、第五便
佐久医療センターの敷地の中にある桜が満開になりました。佐久医療センターは、佐久総合病院(JA長野厚生連)の再構築にともない、急性期医療と紹介患者を対象とした高度医療と先端医療を担う病院として2014年3月1日に開業され、救命救急センターがあって、ドクターヘリが常駐しています。

佐久医療センターのHP
http://www.sakuhp.or.jp/ja/center/

佐久医療センターの桜1-2
佐久医療センターの向うに蓼科山が (4月20日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2019年04月22日
桜便り、第四便
旧・中込学校の桜の花が満開になり、お洒落な木造の洋風建物と桜の花が青空に映えています。旧・中込学校は、松本市にある旧・開智学校より一年早い明治8年に建てられた日本最古の洋風の木造学校で、国の重要文化財に指定されています。

八角塔に時を告げる太鼓を吊るしてあったので太鼓楼と呼ばれたり、また、窓にガラスがはめられていたことから、ギヤマン学校とも呼ばれていました。

旧・中込学校の桜1-1
旧・中込学校の桜 (4月20日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]