掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年01月08日
ヒドリガモ
ヒドリガモ(緋鳥鴨)は、ユーラシア大陸とアフリカの一部にかけて分布し、日本には冬鳥として飛来しています。湖沼や池、川、海岸などで水草や草の葉、茎、根、種子、海藻などを食べています。

雄は、頭が赤茶色で額がクリーム色、雌は、体全体が濃褐色の地味な色で、雄、雌とも嘴が短くて青みがかった色をしています。頭部に緋色の縁取りがあるので、ヒドリガモの名が付いたと言われています。

ヒドリガモ
: カモ目カモ科
: 体長 約49cm

ヒドリガモ1-1
ヒドリガモの雄 (12月30日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]