掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年01月18日
カワアイサ
カワアイサ(川秋沙)は、ユーラシア大陸や北アメリカ大陸で繁殖し、日本へ湖や川などに冬鳥として渡来します。鴨の中では胴長で大きく、雄は頭が光沢のある濃緑色で後頭部が出っ張り、嘴は赤くてカギ状に曲がっていて胸から下が白い色をしています。雌は、頭が茶色、後頭部に冠羽があってボサボサ頭に見えます。

主に魚を食べていますが、甲殻類や水生昆虫も食べますので、変わった形の嘴をしています。アイサ、あまり聞き慣れない名前ですが、万葉集に出てくるほど古い名前で、漢字では秋沙と書き、秋に早く渡ってくる秋早鴨からという説、晩秋に渡来し越冬するから秋去り鴨という説があります。

カワアイサ
: カモ目カモ科アイサ属
: 体長 雄70cm、雌60cm 

カワアイサ1-1
カワアイサの雄 (1月13日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]