掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年08月05日
ワレモコウ
ワレモコウ (吾木香、吾亦紅)は、奈良時代に既に花の名前が見られ、秋の七草に数えられています。平地から高山まで生え、茎の高さは30cm〜100cmになり、枝先に長さ1〜2cmの楕円形で紅紫〜黒紫色の花をつけます。花は、花びらのない小さな花の集まりで、古くから生け花に愛用されてきました。

ワレモコウ (吾木香)の名は、わが国(日本)の木香の意味で、根が木香に似ているところから付けられたそうです。木香とは、インド原産の菊科の根で、強い芳香があり健胃剤、防虫剤に使われます。

「吾も亦 紅(くれない)なりと ひそやかに」 高浜虚子 

ワレモコウ
: バラ科ワレモコウ属
: 日本各地の山野に生える多年草
: 花は長さ1cm〜2㎝の円筒状の花穂
: 花弁はなく、4枚のがく片がある
: 薬効 吐血、鼻出血、血痢、火傷

ワレモコウ1-1
ワレモコウ (7月30日、高峰高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]