掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年07月08日
ニホンアマガエル
ニホンアマガエル(日本雨蛙)は、平地の生け垣や草の上に棲息し、昆虫やクモなどを捕食しています。体色は普通、黄緑色ですが、褐色から灰褐色まで色を変えることが出来ます。鼻筋から目、耳にかけて褐色の太い帯が通っていて、前足に4本、後足に5本の指があり、すべての指先に丸い吸盤があります。

ニホンアマガエルは、雨蛙の名の通り、雨が降りそうになると繁殖期以外でも鳴くのが特徴です。鳴くのはすべてオスで、オスの喉には鳴嚢(めいのう)という袋があり、声帯で出した声が鳴嚢で共鳴して大きな声になっています。春から秋まで活動し、冬は温度差の少ない地中で冬眠しています。

ニホンアマガエル
: 両生綱無尾目アマガエル科アマガエル属
: 北海道・本州・四国・九州
: 全長 22〜45mm
: 肉食性

ニホンアマガエル1-1
ニホンアマガエル (7月2日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]