掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年06月08日
ホオアカ
ホオアカ(頬赤)は、北海道では低地から亜高山帯の草原に、本州や九州、四国では亜高山帯の草原に生息しています。雌雄ほぼ同色で雄の夏羽は頭部が灰色になり、胸には黒と赤褐色の横帯が一対ずつ入り、腹は白くて体の側面に褐色の縦縞があります。

草地や低木で昆虫や節足動物、果実、種子等を食べています。鳥の名は、側頭部に赤褐色の斑紋があるところから付きました。

ホオアカ
: スズメ目ホオジロ科
: 北海道・本州・四国・九州
: 全長 約16cm

ホオアカ1-1
ホオアカ (6月1日、軽井沢町で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]