掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年03月31日
ロトウザクラ
ロトウザクラ(魯桃桜)の花が咲き始めました。ロトウザクラは、早春に花が咲き、日露戦争に出征した軍人が日本に持ち帰ったと言われています。花の名に桜と付いていますが桃の仲間で、魯西亜(ロシア)の魯と桃に近い木から桃の字を入れ、魯桃桜と命名されました。

ロトウザクラ
: バラ科モモ亜属
: 落葉樹
: 高さ 4〜5m

ロトウザクラ1-1
ロトウザクラ (3月26日、小諸市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月30日
今日の浅間山
今日は、冷たい風の吹く寒い一日でしたが、雲ひとつ無く晴れ、スッキリとした姿を見せた浅間山の雪は、殆んど無くなっていました。明日からは温度が上がり、いよいよ本格的な春の到来です。

春の浅間山 1-1
今日の浅間山 (3月30日、御代田町で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月29日
ミズバショウ
ミズバショウ(水芭蕉)は、湿地に自生していて、葉の中央から純白の仏炎苞(ぶつえんほう)が開きます。白い苞は、葉が変形したもので、仏炎苞の中央にある円柱状の黄色い部分に小さな花がいっぱい集まっています。花の名は、葉が芭蕉の葉に似ているところから付きました。

: サトイモ科
: 北海道・東北・北陸・中部(高地)
: 多年草

ミズバショウ1-1
ミズバショウ (3月24日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2018年03月28日
オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)は、ヨーロッパ原産の帰化植物で、道端や田畑の畦道に生え、花弁は4枚、雄しべが2本あるコバルトブルーの小さな花を咲かせます。花の名は、実の形が犬のフグリ(陰嚢)に似ていて、近種のイヌノフグリより花が大きいので、この名が付きました。

オオイヌノフグリ 別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳
: ゴマノハグサ科クワガタソウ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 越年雑草
: 草丈 10〜20cm

オオイヌノフグリ1-1
オオイヌノフグリ (3月23日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月27日
ホトケノザ
ホトケノザ(仏の座)は、畑や道端などに生えている春の代表的な雑草の一つで、花は、紅紫色で特徴のある形をしています。花の上部にオレンジ色の雄しべがあり、蜜を吸いに来たハチなどの昆虫の背中に花粉がつく仕掛けになっています。

茎上部の葉は半円形で、茎を包み込むようになっています。花の名は、茎をとり巻く二枚の葉の様子が、仏様を安置している台座(蓮華座)に似ているところから付き、また、別名のサンガイグサ(三階草)は葉が段々に付いているところから付きました。なお、春の七草のホトケノザは別の花で、キク科の田平子(たびらこ)です。

ホトケノザ  別名 三階草
: シソ科オドリコソウ属
: 本州・四国・九州・沖縄
: 一年生広葉雑草

ホトケノザ1-1
ホトケノザ (3月23日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2018年03月26日
オウバイ
オウバイ(黄梅)の花が咲き出しました。オウバイは、中国原産で日本へは江戸時代初期に渡来したと言われています。早春に、いく条もの緑色の枝垂れた枝に梅に似た黄色い花が咲き、中国では迎春花と呼ばれています。花が梅に似ていて梅と同じ時期に咲くことから黄梅の名が付きましたが、梅(バラ科)ではなく、ソケイ(モクセイ科)の仲間です。

オウバイ 別名 迎春花
: モクセイ科ソケイ属
: 落葉半蔓性低木

オウバイ1-1
オウバイ (3月23日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月25日
サンシュユ
サンシュユ(山茱萸)の花が咲き出しました。サンシュユは、春先に葉が出る前に小さな黄色い花が咲きます。中国・朝鮮半島が原産で、江戸時代に薬用として朝鮮から持ち込まれました。晩秋にグミのような長さ1.5〜2cmの渋みと甘酸っぱさのある真っ赤な果実が生ります。

木の名は、漢名の山茱萸(さんしゅゆ)を音読みし、サンシュユになりました。茱萸(しゅゆ)とは呉茱萸(ごしゅゆ)の別名で、萸(ゆ)はグミを意味し、果実の様子から山茱萸の名が付いたと言われています。

サンシュユ 別名 春黄金花(はるこがねばな)
: ミズキ科ミズキ属
: 落葉小高木
: 高さ 4〜5m
: 薬効 強壮、めまい、頻尿、冷え性、不妊症

サンシュユ1-1
サンシュユ (3月23日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2018年03月24日
梅の花
梅の花が咲き出しました。江戸時代以降、お花見といえば桜の花ですが、江戸時代以前のお花見では、桜より梅が愛好されていました。

梅は、中国で紀元前から酸味料として用いられ、塩とともに最古の調味料だといわれています。良い味加減を意味する塩梅(あんばい)は、梅と塩による味付けが上手くいったことを表現した言葉です。

梅の花2-1
ピンクの梅の花 (3月24日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月23日
今日の浅間山
今日、姿を見せた浅間山は、21日に降った雪で真っ白になっていました。茨城牧場長野支場では、ヒバリ(雲雀)が何羽もいて、縄張り争いをしていて、縄張り宣言の為、空に舞い上がり、さえずっていました。いよいよ待ちに待った春の到来です。

冬の浅間山 9-1
今日の浅間山 (3月23日、佐久市・茨城牧場長野支場で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]