掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年02月10日
ツグミ
ツグミ(鶫)は、シベリア東部で繁殖し、日本へ冬鳥として飛来します。秋に飛来した時には山地の林で群れになり、木の実や柿の実などを食べ、冬になると群は分散し、農耕地や公園、川原などで地面を歩きながら落ち葉の下に潜んでいるミミズや昆虫などを食べています。春の渡りには、十数羽の群れを作って北へ旅立ちます。

雌雄同色で過眼線から頬は黒褐色、眉と喉と頬は白色、嘴は黒くて基部が黄色、背中と尾は栗茶色、胸から脇には白地に黒褐色の鱗模様があります。1970年代以前には、かすみ網で食用として大量に捕獲されていましたが、現在は鳥獣保護法により禁猟になっています。鳥の名は、日本で越冬中、ほとんど鳴くことがない(口をつぐむ)ことから付きましたが、結構鳴きながら飛んでいます。

ツグミ
: スズメ目ツグミ科
: 北海道・本州・四国・九州
: 全長 約24cm (ムクドリと同じ大きさ)

ツグミ1-1
ツグミ (1月27日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]