掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年10月04日
ナツアカネ
「夕焼け小焼けの赤トンボ」、赤トンボは、秋の風物詩ですが代表的な赤トンボには、ナツアカネ(夏茜)とアキアカネ(秋茜)がいます。トンボの名に夏と秋が付いていますが、どちらも夏から秋にかけて見られる赤トンボです。ナツアカネというと夏だけに生息しているトンボのイメージがありますが、アキアカネより遅くまで見られます。

ナツアカネは、夏も平地や丘陵地の池、水田などで過ごしていますが、アキアカネは、暑さに弱いので、夏は涼しい高原で過ごし、秋になると平地に下りて来ます。ナツアカネはアキアカネより一回り小さく、成熟した雄は、頭から尾の先まで体全体が真っ赤になるのに対し、アキアカネは、主に腹部だけが色づきます。

アキアカネのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000514153.html

ナツアカネ
: トンボ目トンボ科
: 北海道・本州・四国・九州 
: 大きさ 35〜40mm
: 時期 7〜11月

ナツアカネ1-1
ナツアカネの雄 (9月29日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]