掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年09月06日
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ(裏銀小灰蝶)は、林や草原を活発に飛び回り、花にはめったに訪れず、樹液や腐果などに集まっています。翅の先端は尖っていて、翅の裏は真っ白で、雄の翅の表は、茶色地にオレンジ色、雌は濃茶色地に白または淡い水色です。蝶の名は、翅の裏が銀白色に輝くことからウラギンシジミと付きました。

: シジミチョウ科ウラギンシジミ属
: 本州・四国・九州・沖縄
: 大きさ(前翅長) 19〜27mm
: 幼虫の食草 マメ科のクズ、フジなど

ウラギンシジミ1-1
ウラギンシジミの雄 (8月28日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]