掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年05月19日
シジュウカラ
シジュウカラ(四十雀)は、平地や林、市街地に生息する留鳥で、頬が白く胸から腹にかけて黒いネクタイをしたような帯があり、背中は緑がかったグレー、首の後ろに白い模様があります。植物の種子や果実、昆虫やクモなどを食べています。

樹洞や石垣の隙間にお椀型の巣を作りますが、巣箱など色々な場所でも巣を作っています。春になると縄張りを作り、単独、もしくはツガイで過ごし、それ以降は数羽から十数羽の群で行動しています。鳥の名は、シジュウカラ一羽で雀が40羽分の価値があることから付いたと言われています。

シジュウカラ
:スズメ目シジュウカラ科
:全長、約15cm

シジュウカラ1-1
水浴びをするシジュウカラ (5月12日、軽井沢で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]