掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年05月11日
ツマキチョウ
ツマキチョウ(褄黄蝶)は、林や渓流沿いの開けた場所に生息し、信州では4月末〜6月に現れ.、モンシロチョウより一回り小さい蝶です。雄は、前翅表側の尖った先端が黄色、雌は白、後翅の裏側は編目模様の迷彩色をしています。

ツマキチョウ
: チョウ目シロチョウ科
: 北海道・本州・四国・九州
: 前翅長 20〜30mm
: 幼虫の食草 イヌガラシ、ナズナ、ダイコンなど

ツマキチョウ1-3
ツマキチョウの雌 (4月28日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]