掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年05月10日
ムラサキハナナ
ムラサキハナナ(紫花菜)は、春に十字形をした紫色の小さな4弁の花を咲かせ、花の中央に6本の雄しべと1本の雌しべがあり、雄しべの葯(ヤク)と雌しべの柱頭は黄い色をしています。中国原産で昭和初期に渡来しましたが、逞しい生命力で全国各地に野生化しています。

花の正式名は、牧野富太郎博士が命名したオオアラセイトウ(大紫羅欄花)ですが、菜の花(花菜・ハナナ)に似ているところからムラサキハナナと呼ばれています。また、別名を花大根、諸葛孔明が食用に植えたとされることからショカツサイ(諸葛菜)とも呼ばれています。

ムラサキハナナ 
: アブラナ科ムラサキハナナ属
: 一年草〜越年草
: 草丈 20〜50cm 

ムラサキハナナ1-3
ムラサキハナナ (5月3日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]