掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年04月09日
ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)は、ヨーロッパ原産の越年草で、道端や庭などに群生しています。明治の中頃に日本に渡来し、本州を中心に分布しています。花は明るい赤紫色の唇形花で、上部の葉の脇から外側に向かって開き、上から見ると放射状に並んでいます。

温暖な地域では、年間を通じて開花していますが、関東地方では3月〜5月にかけ開花します。花の名は、オドリコソウ(踊り子草)の同属で、背丈や葉、花の大きさが半分以下で小さいため、姫の名が付けられています。

オドリコソウのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000390515.html

ヒメオドリコソウ
: シソ科オドリコソウ属
: 草丈10cm〜25cm

ヒメオドリコソウ1-2
ヒメオドリコソウ (4月6日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]