掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2015年09月30日
ウラナミシジミ
ウラナミシジミ(裏波小灰)は日当たりの良い草原に生息し、翅の表は弱い光沢のある薄青色で黒褐色の縁取りがあり、翅の裏は薄茶色で白い細かい波模様のあるシジミチョウです。後翅の後端に黒い斑点が二つあり、二つの斑点の間に細い尾状突起があります。

西日本では一年中見られますが、東日本では夏の終わりから秋にかけ見ることが出来ます。蝶の名は翅の裏に薄茶色と白い波模様があるところから付きました。

ウラナミシジミ
: チョウ目・シジミチョウ科・ヒメシジミ亜科
: 北海道の南部・本州・四国・九州    
: 大きさ(前翅長) 15〜20mm
: 幼虫の食草 ソラマメ、エンドウ、クズ、ハギなどマメ科の植物

ウラナミシジミ1-1
ウラナミシジミの雄 (9月27日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2015年09月29日
小学生の稲刈り
今日、佐久市立佐久平浅間小学校の生徒達(五年生の三クラス全員)が善意で提供された田んぼ(一反)で稲刈りをしました。楽しそうに一生懸命稲刈りをしている生徒達、収穫したお米を食べるのが今から楽しみだと思います。

田植え(5月29日)のブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000469324.html

稲刈り1-2
稲刈り (9月29日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2015年09月28日
ホソヒラタアブ
ホソヒラタアブ(細扁虻)は、細くて平たい体をしていているアブで、都市郊外や人家の庭で見ることが出来ます。額は、淡褐色、腹部は、黄橙色で、それぞれの節に二本の黒帯があります。ホバリングしながら花から花へと飛び回って、花の蜜や花粉を食べています。

ホソヒラタアブ
: ハエ目ハナアブ科ヒラタアブ亜科
: 北海道・本州・四国・九州
: 大きさ 10〜12mm
: 時 期 3-11月

ホソヒラタアブ1-1
ホソヒラタアブ (9月26日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2015年09月27日
シオン
シオン(紫苑)は菊のような直径2〜3cmくらいの淡紫色の花を咲かせ、日本には中国から薬草として渡来しましたが、花が美しいので薬草より観賞用として栽培が盛んになりました。栽培の歴史は古く、源氏物語や今昔物語にもシオンの名前が出ています。

根と根茎を天日で乾燥すると、去痰や利尿作用がある紫苑という生薬になります。花の名は、本草和名(ほんぞうわみょう)に漢名で紫苑という記述があり、そのまま音読みにされてシオンという名になりました。花の蜜が美味しいのか、色々な蝶や蜂が集まっています。

シオン
: キク科シオン属
: 本州・九州
: 多年草
: 草丈 〜200cm
: 薬効 せき止め、去痰、利尿

シオン1-1
シオン (9月26日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2015年09月26日
実りの秋・栗
栗が美味しい季節になりました。日本にある栗の品種は二百種類以上あり、自生している栗は柴栗か山栗ですが、柴栗が改良された栽培品種は、柴栗に比べ実が大粒です。栗の収穫量(平成25年)の一位は茨城県(23%)、以下、熊本県(18%)、愛媛県(8%)、この三県で収穫量の五割弱を占めています。

栗にはブドウ糖やショ糖、ビタミンB1、C、食物繊維等が多く含まれ、疲労回復、風邪の予防、整腸、便秘、肌の老化防止等に効果があります。栗の名は、落ちた実が石のように見えるので、小石を意味する古語の「くり」から、栗になったと言われています。


: ブナ科クリ属
: 北海道南部・本州・四国・九州
: 落葉高木
: 単性花で雌雄同株

クリ・果実1-1
美味しそうに実った栗 (9月26日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年09月25日
マダラヤンマ
マダラヤンマ(斑蜻蜒)は、本州中部以北から北海道の開けたヨシやガマが生えている泥深い池や沼に生息しています。お盆前に羽化した成虫は、しばらく林などで過ごし、9月になると湿地の水辺に戻って来ます。池の上でよくホバリングをし、ヨシやガマの中に入って止まります。

ルリボシヤンマ属の中では小形で、雄は、成熟すると淡青色の美しい色になり、黒い腹部に瑠璃色の斑紋がまだら模様に点在し、雌は、淡い褐色で胸と腹の部分に黄緑の紋があります。

日本のレッドデータ検索システム
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=07040090095

: トンボ目トンボ科ルリボシヤンマ属
: 北海道・本州中部以北
: 腹長 46〜50mm

マダラヤンマ1-1
マダラヤンマの雄 (9月11日、上田市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2015年09月24日
ヒガンバナ
ヒガンバナ(彼岸花)は、佐久周辺では寒過ぎて生育環境が合わないのか見かけませんでしたが、七年前に初めて見つけました。ところが今年は、今まで見た場所で花を見ることが出来ませんでした。

ヒガンバナは花びらが強く反り返り、雄しべが長く飛び出していて、茎にアルカロイドを含んでいる有毒植物です。花の名は、彼岸の頃に咲き始めるところから付きました。

ヒガンバナ 別名 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
: ヒガンバナ科ヒガンバナ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 多年草
: 草丈 30〜50cm

ヒガンバナ1-1
ヒガンバナ (9月21日、静岡県磐田市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2015年09月19日
キツリフネ
所用により、明日から暫くブログを休ませて頂きます。

キツリフネ(黄釣船)は、山地の湿地や林に自生し、花の形はツリフネソウとほとんど同じですが、キツリフネは花の数が2〜3個と少なく、花弁が3枚で上側に1枚あり、下側の2枚は左右に広がっています。花の後ろに突き出たものは距(きょ)と呼ばれ、密の宝庫です。花の名は、細い花柄の先に釣り下がって咲く花の姿を釣船に例えたという説、活け花の釣船型の花器に似ているから、という説があります。

キツリフネ
: ツリフネソウ科ツリフネソウ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 花茎 40〜80cm
: 花の大きさ 3cm位

キツリフネ1-1
キツリフネ (9月18日、小諸市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2015年09月18日
実りの秋・巨峰
巨峰が美味しい季節になりました。巨峰はブドウの王様と呼ばれ、生産量は長野県が一番で、以下、山梨県、福岡県と続きます。水はけが良く降雨量が少ない浅間連峰の斜面にある東御(とうみ)市は、長野県の巨峰生産の先駆の町で、甘くて美味しい色々な品種の巨峰が出来る地域です。

巨峰・果実1-1
美味しそうに実った巨峰 (9月15日、東御市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2015年09月17日
ナツアカネ
「夕焼け小焼けの赤トンボ」、赤トンボは、秋の風物詩ですが代表的な赤トンボには、ナツアカネ(夏茜)とアキアカネ(秋茜)がいます。トンボの名に夏と秋が付いていますが、どちらも夏から秋にかけて見られる赤トンボです。ナツアカネというと夏だけに生息しているトンボのイメージがありますが、アキアカネより遅くまで見られます。

ナツアカネは夏も平地や丘陵地の池、水田などで過ごしていますが、アキアカネは暑さに弱いので、夏は涼しい高原で過ごし、秋になると平地に下りて来ます。ナツアカネはアキアカネより一回り小さく、成熟した雄は頭から尾の先まで体全体が真っ赤になるのに対し、アキアカネは主に腹部だけが色づきます。

ナツアカネ
: トンボ目トンボ科
: 北海道・本州・四国・九州 
: 大きさ 35〜40mm
: 時期 7〜11月

ナツアカネ1-1
ナツアカネの雄 (9月16日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]