掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2014年04月30日
ヒメギフチョウ
ヒメギフチョウ(姫岐阜蝶)は早春に出現し、春の女神・スプリングエフェメラルと言われています。ヒメギフチョウはギフチョウに近縁の蝶で、黒と黄色の模様はそっくりですが、後翅外縁に沿う紋列がギフチョウは橙色、ヒメギフチョウは黄色で、環境省の準絶滅危惧種に指定されています。

交尾が終わると雄は液を出し、飴色をした薄い板のようなものを雌の交尾口に付けます。薄い板のようなものを交尾嚢(のう)といい、雌は二度と交尾をすることが出来なくなります。

: チョウ目・アゲハチョウ科・ウスバアゲハ亜科ギフチョウ属
: 北海道・東北地方・長野県以北
: 大きさ(前翅長) 28〜33mm
: 幼虫の食草 ウマノスズクサ科のウスバサイシン、オクエゾサイシンなど

ヒメギフチョウ1-1
ヒメギフチョウ (4月25日、小諸市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年04月29日
シデコブシ
シデコブシ(幣辛夷・四手辛夷)は、葉が出る前に細長い花弁を12〜18枚つけた淡紅色や白い花が咲きます。生きている化石といわれ、伊勢湾沿岸(岐阜県・愛知県・三重県)に自生していますが開発によって減少し、ほとんどが園芸種です。木の名は、花の形が神前に供えられる玉串や注連縄(しめなわ)に付けられている紙製の飾りの幣/四手(しで)に似ていることから付きました。

シデコブシ
: モクレン科モクレン属
: 中国原産
: 落葉低木
: 樹高 3〜4m

シデコブシ1-1
シデコブシ (4月22日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2014年04月28日
桜便り、最終便
佐久市周辺の桜の花が散り始め、桜吹雪がとっても綺麗です。日本三大稲荷は、京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷、茨城の笠間稲荷ですが、日本五大稲荷には諸説あり、佐久市観光協会があげている日本五大稲荷は ①伏見稲荷 ②豊川稲荷 ③笠間稲荷 ④佐賀の祐徳(ゆうとく)稲荷 ⑤長野の鼻顔(はなづら)稲荷になっています。

鼻顔稲荷神社の桜 1-1
鼻顔稲荷神社の桜 (4月25日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年04月27日
桜便り、第九便
新海三社(しんかい・さんしゃ)神社は、大きな杉の木に囲まれた山の麓にあり、佐久地方三庄三十六郷の総社です。古くから武神として武将の崇敬が厚く、源頼朝による社殿再興の碑や武田信玄の戦勝祈願の願文も残されています。東本社、中本社、西本社があり、この三つの神を奉るところから新海三社と呼ばれています。

三重塔と東本社は、室町時代の建築で、国の重要文化財に指定されています。三重塔は、お釈迦様の骨や舎利塔を安置する仏教的なものですが、明治時代の神仏分離まで神宮寺というお寺が一緒にあったため、三重搭がそのまま神社に残されています。

新海三社神社の桜1-3
三重塔と桜 (4月23日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 15:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2014年04月26日
桜便り、第八便
佐久市田口にある蕃松(ばんしょう)院 は、古くは明法寺といわれた曹洞宗の古刹です。天正11年(1583)に、小諸城主・松平康国が父、依田信蕃の菩提を弔うため居館(田口城)跡の現在地に移し、蕃松院と改称しました。参道の両側にある多行松(たぎょうしょう)は、根元から多数の枝が分かれ、独特の樹形をした珍しい松の木です。

蕃松院の桜1-1
蕃松院の桜 (4月23日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年04月25日
桜便り、第七便
佐久市田口にある龍岡城・五稜郭の桜の花も満開になりました。龍岡城五稜郭は函館の五稜郭に比べ規模は小さく、明治初期の城郭取り壊しの布告によって一部が破戒されていますが、日本に二つしかない星型稜堡の洋式城郭です。

「信州五稜郭の桜」のスライドショーをお楽しみ下さい。
http://kt9.la.coocan.jp/info/mywebin8/images/jvgosa.htm

龍岡城五稜郭
http://www.dynax.co.jp/sinsen/shinano/castle/csl_tatsuoka.html

五稜郭の桜 1-4
五稜郭の桜 (4月23日、佐久市田口で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年04月24日
桜便り、第六便
茨城牧場長野支場(旧・長野牧場)では、約50本ある樹齢90年を越える染井吉野が満開に近づいてきました。今週末には、多くの家族連れやクループの人達がお花見に訪れ、満開の桜の樹の下で楽しい宴が開かれると思います。

長野支場の桜1-1
茨城牧場長野支場の桜 (4月23日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年04月23日
桜便り、第五便
旧・中込学校のお洒落な木造の洋風建物に桜の花が青空に映えていました。旧・中込学校は松本市にある旧・開智学校より一年早く(明治8年)建てられた日本最古の洋風の学校建築で、八角塔に時を告げる太鼓を吊るしてあったので太鼓楼と呼ばれたり、また、窓にガラスがはめられていたことからギヤマン学校とも呼ばれ、国の重要文化財に指定されています。

旧・中込学校の桜1-1
旧・中込学校の桜の花 (4月23日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年04月22日
桜便り、第四便
佐久市岩村田にある西念寺は、弘治元年(1555)に創建された浄土宗の寺院です。ご本尊の木造阿弥陀如来座像は、定朝様式を伝える高さ5尺8寸の寄木造りで、昭和34年に長野県指定県宝に指定されています。境内には戦国時代末期、小諸城主になった仙石秀久や岩村田藩主・内藤正国の墓碑があります。

西念寺・桜の花のブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000324239.html

西念寺の桜 1-1
西念寺の桜の花 (4月20日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年04月21日
桜便り、第三便
佐久市岩村田にある円満寺は、康治2年(1142年)、興教(こうぎょう)大師が創建したと伝えられる真言宗智山派の古刹で、現在の建物は延享4年(1747年)に再築されました。約300年前に植えられた野田藤は、「砂ずりの藤」と呼ばれ、毎年5月下旬に地元の保存会が観藤会を開催しています。

円満寺の節分追儺式 (2月3日、佐久市で撮影)
http://shinshu.fm/MHz/82.40/2014/02/3/

円満寺の桜 1-1
円満寺 (4月19日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]