掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2014年03月31日
今日の浅間山
今日の午前中は、雲一つない青空に浅間山が映えていましたが、冷たい強風が吹き、冬に逆戻りした寒い一日でした。

浅間山4-6
今日の浅間山 (3月31日、御代田町で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年03月30日
ダンコウバイ
ダンコウバイ(壇香梅)の花が咲き始めました。ダンコウバイは春先、葉が出る前に小さな黄色い花が球状に咲き、花には花柄がなく枝に直接ついています。壇香梅と言いますが梅の仲間ではなくクロモジ(黒文字)の仲間で、若木を折ると良い香りがするところから檀香(香木の総称)の名が付いています。

クロモジのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000325245.html

ダンコウバイ 別名 ウコンバナ(鬱金花)
: クスノキ科クロモジ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 落葉低木
: 樹高 2〜6m

ダンコウバイ1-1
ダンコウバイ (3月28日、小諸市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年03月29日
新幹線E7系デビュー
JR東日本の新幹線E7系は、2015年の春に開通する北陸新幹線(長野新幹線)の金沢延伸に向けて開発された新型車両です。3月15日にダイヤ改正があり、E7系の「あさま」は、東京〜長野間を一日7往復走っています。

新幹線E7系1-1
新幹線E7系 (3月28日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2014年03月28日
オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)は、ヨーロッパ原産の帰化植物で、道端や田畑の畦道に生え、花弁は4枚、雄しべが2本あるコバルトブルーの小さな花を咲かせます。花の名は実の形が犬のフグリ(陰嚢)に似ていて、近種のイヌノフグリより花が大きいことから、この名が付きました。

オオイヌノフグリ 別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳
: ゴマノハグサ科クワガタソウ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 越年雑草
: 草丈 10〜20cm

オオイヌノフグリ1-1
オオイヌノフグリ (3月26日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2014年03月27日
レース中の鳩が
昨日の午後、住まいの通路の仕切り壁に一羽の鳩が止まっているのを見つけました。ずっと羽を休めていて、私が鳩の目の前まで近寄っても逃げず、とっても人に馴れた鳩でした。脚を見ると両脚に脚環を付けていましたのでネットで調べたところ、日本鳩レース協会に登録されているレース中の鳩(飼い主・岩手県盛岡市)だということが分かりました。一夜明けた今朝も、住まいの通路の仕切り壁に止まっていましたが、午前7時10分頃に飛び立ちました。岩手県盛岡市の飼い主の元へ無事に帰還して欲しいものです。

鳩レースとは
http://www.jrpa.or.jp/general/index.html

ハト1-1
羽を休める鳩 (3月26日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2014年03月26日
ぴんころ地蔵
長野県は、全国で男女共に平均寿命が一番長く、また佐久市は、全国の市の中で男女共に平均寿命が一番長くて、介護が必要な高齢者の少ない市です。健康で長生きして(ぴんぴん)、楽に大往生(ころり)出来たらという「ぴんぴん、ころり」が、市のスローガンになっています。

ぴんころ地蔵は平成15年、佐久市野沢にある成田山薬師寺の山門前に建立され、健康長寿祈願に北海道から沖縄まで、全国から多くの人が参拝に訪れておられ、佐久市の観光名所になっています。山門前のお店には、ぴんころ団子やぴんころソフト、ぴんころグッズなど色々なお土産が売られています。

長寿県ランキング
http://www.japan-now.com/article/335027369.html

長寿の理由は
http://news.kyokasho.biz/archives/6914

ぴんころ地蔵1-1
ぴんころ地蔵 (3月25日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2014年03月25日
今日の八ヶ岳
今朝、八ヶ岳の上空には印象的な絵になる雲が広がっていました。昨日も今日も午後になると、春の暖かさになり暑いくらいでした。一昨日と昨日、今シーズン初めてツバメ(イワツバメ)が飛んでいるのを見ましたが、いよいよ冬鳥達は北へ帰り始め、夏鳥達は子作りのために日本へ飛来し始めました。

イワツバメのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000239775.html

八ヶ岳2-1
今日の八ヶ岳 (3月25日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2014年03月24日
キクイタダキ
キクイタダキ(菊戴)は繁殖期には亜高山帯の針葉樹林に生息し、冬になると低山や低山帯の針葉樹林に移動します。カラ類の鳥達と一緒に行動し、常にせわしなく飛び回っています。眼の周りは白、頭の中央は線上に黄色く、両側は黒く、上面はオリーブ色で三列風切の外縁は白くて、筋状に見えます。

針葉樹の葉の中を移動し、蛾の幼虫などの昆虫を捕食しています。日本で見られる鳥の中で一番小さく(体長10cm・体重3〜5g)、カマキリなどに捕食されることもあります。鳥の名は、頭頂部に黄色い冠羽があり、菊の花を戴いているように見えるところから付きました。

キクイタダキ
: スズメ目キクイタダキ科
: 北海道・本州・四国・九州
: 体長 10cm 

キクイタダキ1-1
キクイタダキ (3月19日、軽井沢で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2014年03月23日
フキノトウ
やっと畑の雪が融け、フキノトウ(蕗の薹)が顔を出し始めました。フキノトウはフキの花の蕾で、葉が出る前にフキノトウだけが地上に出てきます。寒さに耐えられるように蕾を何重にも苞が取り巻いています。

フキは数少ない日本原産の野菜の一つで平安時代から栽培され、また、野山にも自生しています。4〜6月に若い葉柄を採って食べられます。蕗の名の由来は冬葱(ふゆき)、または冬黄(ふゆき)で、 冬に出る浅葱(あさぎ)色の植物、冬に黄色い花が咲くという意味から付いたといわれています。

フキ(蕗)
: キク科フキ属
: 多年草

フキノトウ1-1
フキノトウ (3月18日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2014年03月22日
今日の浅間山
昨日は、終日冷たい強風が吹き、真冬の寒さに震え上がりました。今日の浅間山は、真っ白に冠雪していて、この冬一番美しい姿を見せてくれました。茨城牧場長野支場(旧・長野牧場)では、ヒバリがさえずっていて、いよいよ待ちに待った春の到来です。

浅間山4-2
今日の浅間山 (3月22日、佐久市・茨城牧場長野支場で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]