掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2013年10月31日
秋の高峰高原
高峰高原では落葉松が黄葉し始め、白樺の黄葉がとっても綺麗でした。高峰高原は浅間連峰の北側に位置し、車坂峠を中心としたなだらかな標高2,000mの高原で、周辺には浅間山、黒斑(くろふ)山、高峰山、東篭ノ登(かごのと)山、西篭ノ登山があり、6月から9月にかけ多くの高山植物が咲いています。

小諸市観光協会・高峰高原
http://www.kanko.komoro.org/taiken/asama.html

秋の高峰高原1-1
色々な落葉樹の黄葉が美しい高峰高原 (10月28日、撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2013年10月30日
実りの秋・柿
柿は、日本原産の果物といわれ、16世紀頃に南蛮貿易でポルトガル人によってヨーロッパへ渡り、その後、アメリカ大陸に広まりました。佐久周辺ではアチコチの民家の庭に柿が実っていますが、標高が高いので甘柿が育たず多くは渋柿だそうです。柿の収穫量(平成21年)は一位が和歌山県(22%)、二位が奈良県(12%)、三位が福岡県(10%)と続きます。

柿の葉には血管を強化する作用や止血作用がありますので、古くからお茶の代わりに飲まれてきました。また、殺菌効果がありますので、押し寿司を葉で巻いたり(柿の葉寿司)、和菓子などの添え物にされています。柿のヘタを乾燥したものは、柿蒂(してい)という生薬で、鎮咳・鎮吐・しゃっくりに用いられています。


: カキノキ科カキノキ属
: 本州・四国・九州
: 落葉木
: 雌雄同株

実りの秋・カキ1-2
柿の実 (10月30日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2013年10月29日
秋の霧ケ峰
霧ヶ峰は茅野市、諏訪市、下諏訪町、小県(ちいさがた)郡・長和町にまたがっていて、初夏から秋にはレンゲツツジやニッコウキスゲ、マツムシソウなど色々な高山植物が草原を彩ります。八ヶ岳や富士山、南アルプス、中央アルプス、北アルプスを一望することが出来、グライダーの飛行に適した上昇気流が発生する霧ヶ峰は、日本のグライダー発祥の地です。

霧ヶ峰自然保護センター
http://www.lcv.ne.jp/~kirivc/kirigamine.htm

秋の霧ケ峰1-1
霧ケ峰 (10月22日、撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 20:30 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2013年10月28日
今日の夕焼け
今日は、美しい夕焼けが住いから見え、感動しました。涼しい風が吹く中、刻々と変わっていく秋の夕焼けをずっと見ていると、色々な思いが去来してきました。

朝焼けを見ると心暖かくなり、夕焼けを見ると心静かになります。

夕焼け2-1
八ヶ岳と今日の夕焼け (10月28日午後4時47分頃、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2013年10月27日
秋の車山高原
車山高原は霧ヶ峰の主峰、車山(1,925m)を中心にビーナスラインに沿ってなだらかな起伏のある、ほとんど木が生えていない草原です。車山山頂からは浅間山、八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプス、北アルプスと360度の展望を楽しめますが、この日は残念ながら、雲や霧に覆われ、全く見えませんでした。

車山高原観光協会のHP
http://www.kurumayama.com/

秋の車山高原1-1
見頃を迎えた紅葉と黄葉 (10月22日、車山高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2013年10月26日
茂来山
南佐久郡佐久穂町にある標高1,717mの茂来山(もらいさん)は、信州百名山の一つで、関東圏一円の中で手軽な登山が出来る山として人気があります。登山道は槇沢(まきざわ)と霧久保沢(きりくぼざわ)の二つがあり、霧久保沢コースでは林野庁選定の「森の巨人たち百選」に選ばれたトチノキ・コブ太郎(樹高22m・幹周5,3m・樹齢推定250年)に出会うことが出来ます。

茂来山
http://www3.ocn.ne.jp/~sakuho/course.htm#茂来山登山

茂来山1-1
茂来山 (10月17日、佐久穂町で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2013年10月25日
秋の女神湖
女神湖は蓼科山(2,530m)の北西、標高1,540mに位置する湖で、赤沼平と呼ばれた湿原を堰き止めて出来た周囲2kmの人造湖です。蓼科山は女ノ神山と呼ばれ、この女ノ神山の水をたたえることから、女神湖と名付けられました。

蓼科山の優美な山容を水面に映す女神湖は、枯れ木が立つ神秘的なムードが漂っています。女神湖の周辺では、モミジの紅葉や白樺やダケカンバの黄葉がとっても綺麗でした。

秋の女神湖1-2
秋の女神湖 (10月22日、撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2013年10月24日
キバラヘリカメムシ
キバラヘリカメムシ(黄腹縁亀虫)はニシキギやマユミ、ツルウメモドキなどの実や葉の上に成虫と幼虫が一緒に集まっています。成虫の背中は暗褐色で地味ですが、足の途中まで白、腹部側面は黄白色と黒色の縞模様になっています。幼虫は翅が短いので黄色い腹部がむき出しになっています。幼虫も成虫もニシキギ科(ニシキギ、マユミ、コマユミ、ツルウメモドキなど)の実を食べています。 

ニシキギのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000427454.html

キバラヘリカメムシ
: 半翅目ヘリカメムシ科
: 本州・四国・九州
: 全長 14〜17mm

キバラヘリカメムシ1-1
ニシキギの葉にキバラヘリカメムシが (10月24日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2013年10月23日
秋の白樺高原
昨日、約5ケ月振りに白樺高原、車山高原、霧ケ峰高原に行ってきましたが、朝方は霧が発生していて幻想的な世界が広がっていました。高原では、モミジが紅葉し、白樺やダケカンバの黄葉がとっても綺麗でした。落葉松の黄葉は、今しばらく時間が掛かりそうです。

蓼科白樺高原観光協会のHP
http://www.shirakabakogen.jp/

秋の白樺高原1-3
紅葉したモミジと白樺 (10月22日、白樺高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2013年10月22日
ニシキギ
ニシキギ(錦木)は日本全国の山野に自生し、初夏に緑色の小さな花を付け、枝に薄い翼状の幅1cm位のコルク層が出来ます。果実は楕円形で、熟すと果皮が割れて、中から橙紅色の仮種皮に覆われた小さくて可愛い種子が姿を現します。

体に刺さったトゲ抜きに、コルク層の翼を取って乾燥して黒焼きにした後、粉末にして飯粒と混ぜて練り、布に塗って患部に貼ります。木の名は、葉が秋になると燃えるような真っ赤な色に紅葉し、その姿が豪華な錦の織物のように見えるところから付きました。

ニシキギ (錦木)
: ニシシギ科ニシシギ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 落葉低木

ニシキギ1-1
ニシキギ (10月22日、白樺高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 20:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]