掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2013年09月09日
サラシナショウマ
サラシナショウマ(晒菜升麻)は、低山帯から亜高山帯の山地の落葉樹林の中や草原に生え、白い小さい花を多く付けた長いブラシのような形になり、とっても良い香りがします。草の名は春に若菜を茹でて水で晒し、おひたしなどの山菜料理に使われるところから付きました。根茎を掘って、ひげ根を取り天日で乾燥したものが生薬になり、升麻(しょうま)と言います。

サラシナショウマ
: キンポウゲ科サラシナショウマ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 多年草
: 草丈 40〜150cm
: 花の長さ 20〜30cm

サラシナショウマ1-1
サラシナショウマ (9月4日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]