掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2012年07月21日
コシアキトンボ
コシアキトンボ(腰空蜻蛉)は池や沼などに生息し、水面の近くを活発に飛び回って縄張りをパトロールをしています。コシアキトンボは草や木の枝にめったに止らず、止まっても警戒心が強く、近づくとすぐに飛んで行ってしまいます。

雌は水面の近くにある草や木の枝などに、尻尾で水面を叩きながら産卵(打水産卵)をします。トンボの名は全身が黒く胸部に近い腹部の付け根が白いので、腰の部分が空いているように見えるところから付きました。

友人のdokirimanさんから新作漫画が届きましたが、相変わらず面白いですよ。
「がんばれ小沢くん」
http://kt9.la.coocan.jp/mywebkabu/2012ganbareo.htm

コシアキトンボ
: トンボ目トンボ科
: 本州・四国・九州
: 腹長 40〜45mm

コシアキトンボ1-3
縄張り争いをする二匹のコシアキトンボの雄 (7月9日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(7) | トラックバック(0) ]