掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2012年07月14日
キバナノバラモンジン
キバナノバラモンジン(黄花の婆羅門参)は地中海原産で明治時代に日本に渡来し、湿り気のある草地や道端などに生えています。長く伸びた茎先に直径3cmほどの黄色い花を付け、花は朝方は開いていますが、昼過ぎには閉じてしまいます。花の名は、紫色の花を付けるバラモンジンに似ていて、黄色い花が咲くことから付きました。

バラモンジンのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000288820.html

キバナノバラモンジン 別名 バラモンギク(婆羅門菊) キバナムギナデシコ(黄花麦撫子)
: キク科バラモンジン属
: 北海道、本州
: 多年草
: 草丈 〜70cm

キバナノバラモンジン1-1
キバナノバラモンジン (7月2日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]