掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2012年01月22日
ヨシガモ
ヨシガモ(葭鴨・葦鴨)はユーラシア大陸東部のバイカル周辺で繁殖し、秋に日本の本州以南へ渡って来る冬鳥です。雄は頭が紫褐色、目から後頭部は光沢のある緑色で、ナポレオンハットのような形をしています。喉には黒と白の横筋があり、尾羽には白と黒の三列風切が長く伸び垂れ下がっています。

雌は他のカモの雌と同様に地味で、体全体が茶褐色をしています。日中は池や湖沼で水面に浮かんでいる水草などを食べ、夕方になると水田や河川の岸辺に飛んで行って、イネ科植物の種子などを食べています。鳥の名は葭(よし)の多い所にいることから付いたと言われ、葭と葦(あし)は同じ植物で、関西では葭と呼び、関東では葦と呼んでいます。

ヨシガモ
: カモ目カモ科
: 全長 約48cm

ヨシガモ1-1
ヨシガモの雄 (1月14日、軽井沢で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]