掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年11月30日
キンクロハジロ
キンクロハジロ(金黒羽白)は日本全国の湖沼や池、河川に冬鳥として飛来し、雄は頭から胸と背中が黒、目が金色、嘴は鉛色で先端が黒、頭の後ろに冠羽が長く垂れ下がっています。雌は目が金色、腹の下を除き茶褐色で頭の後ろに短い冠羽があります。

水中に潜って貝類や甲殻類、水生昆虫、水草などを食べています。鳥の名は目が金色、頭や背中、胸、尾、翼の上面が黒、腹や脇が白い色をしているので、キンクロハジロと付きました。

キンクロハジロ
: カモ目カモ科
: 体長 ♂44cm ♀38cm 

キンクロハジロ1-1
キンクロハジロの雄 (11月24日、軽井沢・雲場池で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2010年11月29日
ナツツバキの実
ナツツバキ(夏椿)は6〜7月に椿に似た白い花が咲きますが、花は直径5cm位、花弁は5枚でシワがより縁には細かい鋸歯があります。葉は椿のような光沢はなく、固くありません。樹皮は生長すると斑紋状にはげ落ち、サルスベリやリョウブに似ていてツルツルとしています。

ナツツバキは同属のヒメシャラとともにシャラノキ(娑羅樹)と呼ばれています。お釈迦様が修行した沙羅樹をイメージしていますが、ナツツバキと沙羅樹は別の種類です。

ナツツバキ(夏椿) 別名 シャラノキ(娑羅樹)
: ツバキ科ナツツバキ属
: 宮城県以西の本州、四国、九州
: 落葉高木
: 樹高 6〜20m

ナツツバキの実1-2
ナツツバキの実 (11月26日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年11月28日
カワウの雁行
昨日の夕方、二つのグループで飛行しているカワウの雁行(がんこう)を見つけました。カワウは軽井沢方面にあるネグラに向かって帰って行きましたが、翌朝、日が昇る頃に、千曲川方面へ飛んで行きます。

雁行のブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000169660.html

カワウの雁行1-1
カワウの雁行 (11月27日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年11月27日
秋の長野牧場
樹齢90年を越えるソメイヨシノの古木が約50本近くある茨城牧場長野支場(旧・長野牧場)の桜並木の紅葉や牧場の中にある落葉松の黄葉は、私が撮影した19日頃には見頃でしたが、今はピークは過ぎ、初冬の風景になって来ました。

秋の長野牧場1-1
旧・長野牧場から見る浅間山 (11月19日、佐久市で撮影)


続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年11月26日
ハナミズキの実
ハナミズキ(花水木)が紅葉し、真っ赤な実が青空に映えて、とっても綺麗でした。ハナミズキの花の色は白やピンク、赤など様々あり、花と思われているものは総苞片で、花は中央に固まっています。

1909年、東京市長の尾崎行雄がアメリカのワシントンにソメイヨシノ(染井吉野)の苗木を贈り、その返礼として1915年に東京市に贈られたのがハナミズキで、ハナミズキは日米親善の木として有名になりました。

ハナミズキ
: ミズキ科ミズキ属
: 北海道、本州、四国、九州、沖縄
: 落葉高木
: 樹高5〜10m
: 花期 5〜7月

ハナミズキの実1-2
ハナミズキの実 (11月17日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年11月25日
ハシピロガモ
ハシビロガモ(嘴広鴨)は湖沼や池、河川に冬鳥として飛来しています。雄の嘴は黒、雌の嘴は淡い橙色で、何羽か集まって水面をぐるぐると泳ぎ回って渦を作り、渦の中心に集まったプランクトンを扁平な形をした嘴を左右に振りながら水ごと吸い込み、嘴にある歯ブラシ状のもので濾過して食べています。鳥の名は、嘴が広いところから付きました。

エクリプス
カモ類の雄は非繁殖期には換羽し、雌の羽によく似た地味な色になります。これをエクリプス羽と言い、非繁殖期に外敵の攻撃から身を守るためだと言われています。

: カモ目カモ科
: 全長 50cm前後

ハシピロガモ1-1
ハシビロガモの雌 (11月11日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年11月24日
今日の浅間山
今日、久しぶりに姿を見せた浅間山は、頂上付近が真っ白に冠雪していました。早速、お気に入りの茨城牧場長野支場(旧・長野牧場)と軽井沢に浅間山の撮影に行って来ましたが、この雪がこのまま残り、その上に雪が降って来春まで雪姿を見せてくれるのでしょうか。

浅間山8-1
今日の浅間山 (11月24日、軽井沢町・大日向(おおひなた)で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 21:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年11月23日
秋の新海三社神社
新海三社(しんかい・さんしゃ)神社は、大きな杉の木に囲まれた山の麓にあり、佐久地方三庄三十六郷の総社です。古くから武神として武将の崇敬が厚く、源頼朝による社殿再興の碑や武田信玄の戦勝祈願の願文も残されています。東本社、中本社、西本社があり、この三つの神を奉るところから新海三社と呼ばれています。

境内にある三重塔と東本社は室町時代の建築で、国の重要文化財に指定されています。三重塔は、お釈迦様の骨や舎利塔を安置する仏教的なものですが、明治時代の神仏分離まで神宮寺という寺が一緒にあったため、三重搭がそのまま神社に残されています。なお、東本社は現在、改修工事中です。

秋の新海三社神社1-1
秋の新海三社神社 (11月7日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年11月22日
ウォーターキャンバス・秋
今年の秋も女神湖のウォーターキャンバス(水面)に、カメラで絵(水面に投影する風景)を描いてきました。毎年、春と秋は印象派の画家になったような気分で撮影しています。

「ウォーターキャンバス・秋・2010」のスライドショーを、お楽しみ下さい。
(10月27日、女神湖で撮影)
http://kt9.la.coocan.jp/myweb50/images/jv2010wkaki.htm

「ウォーターキャンバス・秋・2008」のスライドショーを、お楽しみ下さい。
今までとは違ったイメージのスライドショーに仕上がりました。(軽井沢雲場池で撮影)
http://kt9.la.coocan.jp/myweb50/images/jv2008wcbs.htm

ウォーターキャンバス・秋1-2
ウォーターキャンバス・秋 (10月27日、女神湖で撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年11月21日
カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ(冠鳰)は湖や川、沼などに冬鳥として渡来しています。カイツブリの中で最も大きく、嘴と首が長くて頭に黒い冠羽があり、尾羽は短くて胴体が丸く、足は尾の近くについていて指は丸くて平になっています。

魚や貝、両生類、甲殻類などを水中で捕食しています。たまに自分の腹の短い羽毛を抜き取って飲みこむ習性がありますが、これは魚の骨や貝殻、寄生虫などを吐き出しやすくするための行為とみられています。

カンムリカイツブリ
: カイツブリ目カイツブリ科
: 北海道、本州、四国、九州
: 全長 約56cm

カンムリカイツブリ1-1
カンムリカイツブリ (11月20日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]