掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年08月31日
湯の丸高原
昨日、東御(とうみ)市にある湯の丸高原(標高約2,000m)に行ってきましたが、日差しがとっても強く、その暑さに閉口しました。今年はいつまでも猛暑が続き、この暑さは九月に入っても続くとの予報で、お米をはじめ農作物への影響が心配です。

湯の丸高原
http://www.tomikan.jp/yunomaru/index.html

湯の丸高原1-1
湯の丸高原 (8月30日撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:30 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2010年08月30日
ノシメトンボ
ノシメトンボ(熨斗目蜻蛉)は平地から低山地の池や沼、水田などに生息し、翅の先端が黒く、雄は成熟すると黒っぽい赤になります。6月後半から羽化し、その後、開けた場所からいったん姿を消しますが、秋になると再び平野部に戻って来ます。

アカトンボの中では一番大きなトンボですが、成熟してもあまり赤くなりません。トンボの名は、格子縞や横縞を織りだした絹織物の模様のことを熨斗目いい、着物の袖の先に熨斗目模様があるのが、このトンボの翅の先に似ていることから、ノシメトンボと付いたと言われています。

熨斗目、絣・縞
http://www.viva-edo.com/komon/komon_sima1.html

ノシメトンボ
: トンボ目トンボ科
: 北海道・本州・四国・九州
: 腹長 24〜32mm

ノシメトンボ1-2
ノシメトンボ (8月25日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年08月29日
レンゲショウマ
レンゲショウマ(蓮華升麻)は本州の太平洋側の温暖な山地の落葉樹林帯に生え、茎の上部に円錐状の花序を作り、数個の花を下向きにつけます。花びらのように見えるのはガクで、花は中にある薄紫色の円筒形の部分になります。種を蒔いて花が咲くまで七年も掛かります。

花の名は、淡い薄紫色の花が蓮の花に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているところから付きました。木洩れ日を浴び、長い茎の先で風に揺れながら、うつむき加減に輝いている花は、とっても優美な姿です。

「レンゲショウマの美」のスライドショーを、お楽しみ下さい。
http://kt9.la.coocan.jp/info/renge/jvrenge.htm

レンゲショウマ
: キンポウゲ科レンゲショウマ属
: 東北、関東、中部、近畿 
: 多年草
: 草丈 40〜100cm
: 花は3〜4cm

レンゲショウマ1-1
レンゲショウマ (8月20日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年08月28日
ミンミンゼミ
ミンミンゼミ(ミンミン蝉)は西日本では山地に、東日本の太平洋側では平地に生息していますが、西日本の平野部や東日本の日本海側には殆ど生息していません。頭部は幅が狭く、腹部は太くて短く、体の色は胸部と腹部の境界付近が白く、他は黒地の地に水色や緑色の斑紋があり、ミーン、ミンミンミンミーーと大きな声で鳴きます。

ミンミンゼミ
: 半翅目セミ科
: 北海道南部・本州・四国・九州
: 体長 35mm

ミンミンゼミ1-1
ミンミンゼミ (8月19日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年08月27日
シカクヒマワリ
シカクヒマワリ(四角向日葵)は北アメリカ南東部原産で、茎の断面が四角形になっているのが特徴です。普通のヒマワリ(向日葵) と背丈は変わりませんが、ヒマワリよりもかなり小さな花を咲かせます。花の名は、茎が四角形をしているところから付きました。

シカクヒマワリ
: キク科テトラゴノセカ属
: 一年草

シカクヒマワリ1-1
シカクヒマワリ (8月20日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年08月26日
ベニヒカゲ
ベニヒカゲ(紅日陰)は、氷河期から生存する日本固有の小型の蝶で、本州では標高1,500m以上の高山から亜高山帯の草地や崖地などに生息しています。茶褐色の地色にオレンジ色の斑紋があり、飛行中はオレンジ色の斑紋が目立ちます。

ベニヒカゲは長野県の天然記念物に、また、絶滅危惧種に指定され長野県と群馬県では採集禁止になっています。蝶の名は紅色の模様があるヒカゲ(日陰)チョウから付きました。

ベニヒカゲ
: ジャノメチョウ科ベニヒカゲ属
: 北海道、本州(中部地方以北)     
: 前翅長 17〜27mm
: 幼虫の食草 カヤツリグサ科、イネ科などの植物

ベニヒカゲ1-1
アキノキリンソウで吸蜜するベニヒカゲ (8月17日、池の平湿原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年08月25日
マツムシソウ
マツムシソウ(松虫草)はブナ等が生える山地や草原に生え、淡い青紫色の美しい花が咲き、初秋の草原を彩っています。花の名は、松虫の鳴く頃に咲くからという説、花が終わった後の坊主頭のような姿が仏具の伏鉦(ふせがね・俗称、松虫鉦)に似ているところから、付いたという説もあります。

友人のdokirimanさんから新作漫画が届きましたが、相変わらず面白いですよ。
「踊る大捜査線」
http://kt9.la.coocan.jp/mywebkabu/2010odoru.htm

マツムシソウ
: マツムシソウ科マツムシソウ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 多年草
: 草丈 50〜90cm
: 花の直径 〜4cm

マツムシソウ1-1
マツムシソウ (8月17日、高峰高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(5) | トラックバック(0) ]

2010年08月24日
ハクビシン
ハクビシン(白鼻芯)は山地や丘陵地帯の雑木林に生息し、体は灰褐色で、頭や手足、尾が黒い色をしています。その名の通り、額から鼻にかけて白い線があることが特徴です。雑食性で、果実、種子、小動物、鳥、鳥の卵などを食べています。木登りが得意で、夜行性ですが、昼間に活動することもあります。ハクビシンは、日本古来の動物なのか、外国から移入したものか、諸説あり、よく分かっていません。

ハクビシン
: ネコ目(食肉目)ジャコウネコ科
: 本州の東半分・四国
: 体長 約50cm
: 尾長 約40cm
: 体重 2〜3kg

ハクビシン1-2
ハクビシン (8月10日、佐久穂町で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年08月23日
ヤナギラン
ヤナギラン(柳蘭)は日当たりの良い高原の草地に生え、背の高い茎先に赤紫色の花を下から上へ咲かせて行く夏の高原を代表する花です。ヤナギランは、山火事の跡や、山を切り開いた跡地に真っ先に群生することから、英語では Fireweed (火の雑草)と呼ばれています。

花の名は、葉の形が柳の葉のように細長く、花が蘭を思わせるところから付きました。果実は熟すると中から白い綿毛をつけた1mm程の種子が多数出て、風に乗って飛び散っていきます。

ヤナギラン
: アカバナ科 アカバナ属
: 北海道、本州(中部地方以北)
: 多年草
: 草丈 100〜150cm
: 花の直径 3〜4cm

ヤナギラン1-1
ヤナギラン (8月17日、高峰高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年08月22日
ハグロトンボ
ハグロトンボ(羽黒蜻蛉)は平地や丘陵地の水生植物の生えた河川の岸辺で見られ、真っ黒な翅をヒラヒラとゆっくり羽ばたかせて、優雅に飛んでいます。体色は雄が全体に黒く腹部背面は金属光沢のある緑色で、雌は黒褐色になる金緑色の胴体に黒っぽい翅を持っています。

かつては全国各地で見られましたが、やや暗い林に接した水生植物の繁茂する流水域が減少しているため、その数が減ってきています。トンボの名は翅の色が黒いということと、その色がお歯黒に似ていることから付きました。
 
アオハダトンボ(青肌蜻蛉)のブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000287276.html

ハグロトンボ
: イトトンボ亜目カワトンボ科アオハダトンボ属
: 本州・四国・九州
: 腹長 57〜67mm

ハグロトンボ1-1
ハグロトンボ (8月6日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]