掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年04月30日
コムクドリ
コムクドリ(小椋鳥)は本州の中部以北に飛来する夏鳥で、本州中部では山地に、北日本では平地から山地の広葉樹林や人里の近くに生息しています。日本やサハリン南部、南千島で
繁殖し、ボルネオ島やフィリピン、中国などで越冬しています。ムクドリは主に地上で採餌していますが、コムクドリは主に樹上で木の新芽や果実、クモや昆虫などを食べています。

コムクドリ
: スズメ目ムクドリ科
: 全長 約19cm (ムクドリは約24cm)

コムクドリ1-1
コムクドリの左が雌、右が雄 (4月26日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 20:00 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2010年04月29日
桃の花
桃の花が咲き出しました。桃は花の摘花を最低一回、実が成り出すと収穫までに摘果を三回、また病害虫に侵されやすいので、収穫するまでに消毒を15回前後もしなければならない、もの凄く手間のかかる果物です。

桃の生産は山梨県が全国の収穫量の35%、福島県が20%、長野県が13%で、この3県で全国の約70%を占めています。桃の語源には諸説あり、真実(まみ)から転じたとする説、
実の色から燃実(もえみ)が転じたとする説、多くの実を付けることから百(もも)とする説などがあります。

桃 
: バラ科モモ属
: 中国原産
: 落葉小高木

桃1-1
桃の花 (4月28日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2010年04月28日
ニホンリス
ニホンリス(日本栗鼠)は低山帯を中心とした森林に生息し、主に樹上で生活をして朝と夕方に活動が活発になります。体の色は冬は褐色、夏は赤褐色で、尾の先は白い色をしています。種子や果実、若葉、昆虫を食べていますが、秋になると冬の食料として木の実を地中に埋めておく習性があります。日本固有種のリスで、ホンド(本土)リスとも呼ばれています。

ニホンリス
: 哺乳網ネズミ目(齧歯目)リス科リス属
: 本州・淡路島・四国・九州
: 体長 約16〜22cm
: 尾長 約14〜17cm

ニホンリス1-1
ニホンリス (4月21日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年04月27日
コブシ
コブシ(辛夷)はハクモクレン(白木蓮)に似ていますが白木蓮より花が小さく、花の下に一枚の小さな葉があります。花弁は6枚で、中心に近い部分は赤味を帯び、花弁と顎片が色も形も
同じため、花弁が9枚あるように見えます。

花の蕾を摘み取って乾燥させたものを辛夷(しんい)といい、風邪による頭痛や鼻づまりなどに効果があります。木の名は実に握りこぶし状のデコボコがあるのでコブシと付いたという説、
蕾が開く直前の形が子供の握りこぶしに似ているのでコブシと付いたという説があります。

千昌夫の歌、北国の春に、「白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘 北国の ああ 北国の春 ・・・」という歌詞がありますが、この曲の作詞家、いで はく氏は長野県南佐久郡南牧村の出身で、信州の風景を歌っています。

コブシ 別名 田打ち桜
: モクレン科モクレン属
: 中国原産
: 北海道、本州、四国、九州
: 落葉高木
: 樹高 約8〜15m

コブシ1-1
コブシ (4月20日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2010年04月26日
桜だより、第九便
長野牧場に約50本ある樹齢90年を越えるソメイヨシノが満開になりました。昨日は日曜日で天気も良く、長野牧場には多くの家族連れやクループの人達がお花見に訪れ、満開の桜の樹の下でお弁当を広げたり、楽しい宴がアチコチで開かれていました。

桜5-1
長野牧場の桜 (4月25日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年04月25日
ツクシ
ツクシ(土筆)がアチコチで顔を出し始めました。ツクシは土手やあぜ道など、日当たりの良い場所に生え、「ツクシ誰の子 スギナ(杉菜)の子」と童謡で歌われています。スギナは春先に胞子を作る胞子茎を出しますが、その胞子茎がツクシです。

シダ植物は花が咲きませんので、種が出来ず胞子で増えます。土筆は苦味が少しありますが茹でて、おひたしや天ぷらにして古くから食べられています。

ツクシ 英名 Field Horsetail (野の馬の尾)
: シダ類 トクサ科トクサ属
: 多年草

ツクシ1-1
季節はずれの雪の中からツクシが (4月18日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 20:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年04月24日
桜だより、第八便
日本五大稲荷の一つ、鼻顔(はなづら)稲荷神社の桜も見頃を迎えました。日本三大稲荷は
京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷、茨城の笠間稲荷ですが、五大稲荷には諸説があり、佐久市観光協会があげている五大稲荷は ①伏見稲荷 ②豊川稲荷 ③笠間稲荷 ④佐賀の祐徳(ゆうとく)稲荷 ⑤長野の鼻顔稲荷になっています。

秋の鼻顔稲荷神社のブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000303539.html

桜4-6
鼻顔稲荷神社の桜 (4月24日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 20:00 | 四季の写真 | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2010年04月23日
桜だより、第七便
佐久市田口(旧・臼田町)にある龍岡城(たつおかじょう)五稜郭の桜も満開に近づいて来ました。龍岡城五稜郭は函館の五稜郭に比べ規模は小さく、明治初期の城郭取り壊しの布告によって一部が破戒されていますが、日本に二つしかない星型稜堡の洋式城郭です。

信州五稜郭の桜、スライドショー (2005年4月、撮影)
http://kt9.la.coocan.jp/info/mywebin8/images/jvgosa.htm

龍岡城五稜郭
http://www.dynax.co.jp/sinsen/shinano/castle/csl_tatsuoka.html

桜4-1
五稜郭の桜 (4月21日、佐久市田口で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2010年04月22日
桜だより、第六便
福王寺の樹齢300年以上の枝垂れ桜も満開です。福王寺は旧中山道の宿場町、望月にある真言宗のお寺で、境内には鎌倉時代初期に制作された阿弥陀如来坐像(国の重要文化財)のほか、日光菩薩や月光菩薩などが安置されています。

福王寺のHP
http://fukuoji.com/

桜3-6
福王寺の枝垂れ桜 (4月21日、佐久市望月で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年04月21日
桜だより、第五便
佐久市浅科(あさしな)にある関所破りの桜は浅間山が見える丘の上にある枝垂れ桜で、樹齢300年以上と言われています。佐久の米どころ、五郎兵衛(ごろべえ)新田を開いた市川五郎兵衛を祀る神社を建立する時、神社に植える桜の苗木が上州から運ばれました。中山道の
碓氷峠にある関所を通る時に通行手形を忘れましたが、役人に事情を話すと通行手形が無いにもかかわらず関所を通してくれた、という謂れのある桜です。

桜3-1
関所破りの桜 (4月21日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 20:00 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]