掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年11月30日
UH-60J救難ヘリ
UH-60J救難ヘリは、機首に赤外線暗視装置や気象レーダーなどの精密な慣性航法装置を搭載し、また、航続距離が長いので遭難者を生存可能時間内に救助できる区域が広いなどの特徴を持っています。1990年に配備開始、2008年度末までに39機が配備され、救難現場ではU-125Aと組んで運用されています。

U-125Aのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000305679.html

UH-60J救難ヘリ1-1
UH-60J救難ヘリ (11月3日、航空自衛隊入間基地で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年11月29日
キンクロハジロ
キンクロハジロ(金黒羽白)は日本全国の湖沼や池、河川に冬鳥として飛来しています。♂は
頭から胸と背中が黒、目が金色、嘴は鉛色で先端が黒、頭の後ろに冠羽が長く垂れ下がっています。♀は目が金色、腹の下を除き茶褐色で頭の後ろに短い冠羽があります。

水中に潜って貝類や甲殻類、水生昆虫、水草などを食べています。鳥の名は目が金色、頭や背中、胸、尾、翼の上面が黒、腹や脇が白い色をしているので、キンクロハジロと付きました。

キンクロハジロ
: カモ目カモ科
: 体長 ♂44cm ♀38cm 

キンクロハジロ2-1
キンクロハジロの♂ (11月19日、軽井沢・雲場池で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年11月28日
U-125A救難捜索機
U-125A救難捜索機(愛称・アスコット)は航空事故の救難捜索活動をする双発ジェット機で、
平成7年に導入されました。捜索能力向上のため捜索レーダーや赤外線暗視装置を装備し、また、援助物資投下機構を装備したことにより遭難者に対する保命援助能力も向上しました。

: 乗員 4人
: 全長 15.6m
: 全幅 15.66m
: 全高 5.36m
: 最大離陸重量 12.7t
: 最大速度 約820km/h
: 航続距離 約4,000km

U-125A救難捜索機1-1
U-125A救難捜索機 (11月3日、航空自衛隊入間基地で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年11月27日
ヤドリギ
ヤドリギ(宿木)はブナ、ミズナラなどの落葉高木の幹や枝に寄生する常緑樹で、早春に黄色い小さな花が咲き、実(南天の実と同じ大きさ)は秋から冬にかけ、緑色から次第に黄色に熟していきます。実は小鳥に食べられ、糞によって色々な場所に散布されます。果肉に粘液を含んでいますので、宿主となる樹木の樹皮や枝に付着しやすく、発芽したヤドリギは根を落葉高木の幹の中に食い込ませ、宿主の樹木から水分と養分を吸収しています。

ヤドリギ
: ヤドリギ科ヤドリギ属
: 北海道、本州、四国、九州

ヤドリギの実1-2
ヤドリギの実 (11月20日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年11月26日
F-15J戦闘機
F-15戦闘機はマクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発し、1972年に初飛行してから今日にいたるまで高い機動性と高性能のレーダーを備えた世界最強の制空戦闘機の一つで、イーグルの愛称を持っています。日本で使用しているF-15J戦闘機は一機約1億2000万ドル(1ドル100円として約120億円)、航空自衛隊の主力戦闘機として現在、全国に約200機が配備されています。

:乗員 2人
:全長 19.50m
:全幅 13.05m
:全高 5.62m
:最大離陸重量 約25t
:最大速度 マッハ約2.5(約3,060km/h)
:航続距離 約4,600km

F-15J戦闘機1-1
F-15J戦闘機 (11月3日、航空自衛隊入間基地で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年11月25日
Autumn Leaves
佐久周辺は里の紅葉も終わり、木々の葉も殆んど落ちてしまい殺風景になって来ました。
朝晩の冷え込みも厳しくなり、車のウィンドガラスにも霜が降りるようになりました。

「Autumn Leaves・2008」のスライドショーをお楽しみ下さい。
http://kt9.la.coocan.jp/myweb50/images/jv2008lev.htm

紅葉1-3

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年11月24日
入間航空祭
11月3日、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)で開催された入間航空祭に昨年に引き続き行って来ました。この日は雲一つない快晴で、子供連れの家族や航空ファンなど多くの人が
訪れ、来場者数は約22万人だったそうです。駐機場にはF15戦闘機やC130輸送機、P3C哨戒機、ヘリコプターなど22種類の航空機が地上に展示されていました。

航空祭のハイライト、ブルーインパルス(宮城県・松島基地所属)の曲技飛行では、編隊飛行や宙返り、近距離でのすれ違い、青空に巨大なハートマークや星マークをスモークで描く高度な飛行技術を見ることが出来、感動しました。ブログで、これから航空自衛隊の色々な飛行機やヘリコプターをご紹介していきます。

航空祭1-1
ハートマークを射抜きます (11月3日、入間基地で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:30 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年11月23日
佐久市立近代美術館
佐久市立近代美術館は佐久出身の「美術年鑑社」社長、故・油井一二(ゆいいちじ)氏が昭和52年にコレクション約700点を佐久市に寄贈し、その作品をもとに昭和58年に開館しました。美術館は駒場公園の中にあり、前庭にある田辺光彰の作品、高さ地上40mの塔、「さく」と、
エントランスホールにある池田満寿夫の陶壁画 「佐久讃歌」が、まず目に入ります。

日本画では、横山大観、奥村土牛、東山魁夷、杉山寧、平山郁夫など、油絵では、田崎廣助、中川一政、小磯良平など明治から現代に至る我が国の巨匠の作品を収蔵しています。また、版画、工芸、書、陶磁器、彫刻など、収蔵点数2500点以上に及ぶ本格的な美術館で、四季ごとに色々な企画展が開かれています。

近代美術館1-1
佐久市立近代美術館 (11月16日、撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年11月22日
マガモ
秋も深まり、寒くなるとともに色々な冬鳥が飛来し始めました。マガモ(真鴨)は北半球に広く
生息し、北海道や本州中部以北で繁殖する個体もいますが、冬鳥として飛来します。雄は頭が光沢のある濃緑色で、首に白い輪があって嘴が黄色、雌は全身が茶褐色で、嘴がオレンジ色です。湖沼や川などで逆立ちして水中の水草や草の種子を食べ、ときにはエビなどの小動物も食べています。

「この空を飛べたら」 作詞 作曲 中島みゆき  歌 加藤登紀子
http://kt9.la.coocan.jp/myweb10/konosora2.htm

マガモ
: カモ目カモ科
: 体長 約59cm 

マガモ2-1
マガモの♂ (11月19日、軽井沢・雲場池で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 21:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年11月21日
カリン
カリン(花梨)は、千年以上前に中国から日本に渡来し、4〜5月に淡紅色の花を咲かせます。中国では、カリンに色々な効用があるので 「杏一益、梨二益、花梨百益」 と言われています。カリンポリフェノールという成分を含み、咳止め、風邪、疲労回復等に効果があり、また、果実は堅くて酸味が強いので、ハチミツ漬やジャム、カリン酒などに加工されています。

木の名は、木目がフタバガキ科の花櫚(かりん)に似ていることに由来しています。木は非常に硬くて緻密で粘りが強く、色調、光沢ともに美しいので、床柱、家具、玉突台、杖、額縁、彫刻材料、バイオリンの弓などに使用されています。

カリン
: バラ科ボケ属
: 落葉高木 高さ 5〜10m
: 花の直径 2〜3cm
: 実の大きさ 10〜15cm
: 薬効 咳止め、風邪、疲労回復

カリン1-1
カリンの実 (11月19日、御代田町で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]