掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年05月09日
御衣黄桜
御衣黄(ぎょいこう)は淡い黄緑色の八重の花を咲かせる珍しい桜です。ソメイヨシノの開花から二〜三週間ほど遅れて開花し、開花が進むにつれて花弁の中心に紅い色をした縦の線が
現れます。御衣黄は江戸時代初期に京都の仁和寺で栽培されたのが始まりとされ、花の名は王朝貴族が着ていた萌黄色の衣装がこの桜の花の色に似ているところから付きました。

「御衣黄桜の美」のスライドショー をお楽しみ下さい。(2006年5月撮影) 
http://kt9.la.coocan.jp/myweb20/images/jv2006gko.htm

桜3-4
御衣黄桜 (5月8日、小諸市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]