掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年05月22日
ウスバサイシン
ウスバサイシン(薄葉細辛)は、山地のやや湿った林の下に生え、卵形で基部が心臓の形を
した葉の下に紫褐色の花が咲きますが土と同じ褐色をしていますので、見逃しそうです。壷の形をしていて、3枚の3角形の裂片が萼片で、花弁は退化してほとんど見られません。

ウスバサイシンはヒメギフチョウの食草で、葉の裏に卵を産み付けます。全草に精油を含んでいて、根には強い芳香があり、根茎と根は漢方でサイシン(細辛)といい、鎮痛、鎮咳、去痰に用います。根が細くて味がもの凄く辛く、葉が薄いことからウスバサイシン(薄葉細辛)の名が付いたと言われています。

ウスバサイシン
: ウマノスズクサ科ウスバサイシン属
: 本州、四国、九州北部
: 多年草
: 草丈 10〜20cm
: 花の長さ 1.5〜2.5cm

ウスバサイシン1-3
ウスバサイシンの花は葉の根元に咲いています (5月15日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]