掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年05月19日
クマガイソウ
クマガイソウ(熊谷草)は杉林や竹林に生え、日本にある野生ランの中では一番大きく、扇型の葉には襞があります。花は楕円形で唇弁(しんべん)は袋状で大きく膨らみ色は白く、紫褐色の模様があります。乱獲によって激減し、自然界では殆ど見られなくなり、レッドデータブックの
絶滅危急種になっています。

花の名は膨らんだ袋状の唇弁が昔の武将、熊谷直実(くまがいなおざね)が背負っていた母衣(ほろ)に似ているところから、付きました。当時の武者は後方から飛んで来る矢を防ぐために、母衣を背中に背負って馬に乗っていました。

クマガイソウ 別名 ホロカケソウ(母衣掛け草)
: ラン科アツモリソウ属
: 北海道南部から九州
: 多年草
: 草丈 20〜40cm
: 花 8cm位

クマガイソウ1-3
クマガイソウ (5月15日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]