掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2008年01月31日
フクロウのスライドショー
フクロウ(梟)を古代ギリシャでは森の賢者と言い、知恵の象徴とされていました。日本では、不苦労、福郎のゴロ合わせから、福を呼ぶものと言われています。また、アイヌの人々は、
守護神、コタンコロカムイとして崇めています。

フクロウの羽毛は柔らかく、風切羽の周囲には綿毛が生えていますので、ほとんど音を立てることなく飛行出来ます。この原理をJR西日本の新幹線、500系電車のパンタグラフに応用しています。

「フクロウ」のスライドショーが出来上がりましたので、お楽しみ下さい。
http://kt9.la.coocan.jp/myweb50/images/jv2008fukurou.htm

フクロウのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/2008/01/13/

フクロウ2-1
カラフトフクロウ (2007年12月31日、静岡県・富士宮市・富士国際花園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2008年01月30日
トモエガモ
トモエガモ(巴鴨)は、本州中部以南の日本海沿岸地域の湖沼や池、河川に冬鳥として飛来しますが、その数はあまり多くありません。シベリア東部で繁殖し、中国大陸南部や朝鮮半島、日本に渡りますが、狩猟や開発による生息地の減少により、日本では急速に渡来数が減っています。♂の顔に黄白色と緑色、黒色の巴のような模様があることから、トモエガモと呼ばれています。今回は残念ながら♀が見つからず、撮影は出来ませんでした。

トモエガモ
: カモ目カモ科
: 全長 約40cm

トモエガモ1-1
トモエガモの♂、手前の真ん中にいます (1月27日、東京電力調整池で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2008年01月29日
東京電力の調整池
佐久市今井にある東京電力小諸発電所第一調整池(杉ノ木貯水池)には、四季折々、色々な野鳥や渡り鳥(40〜50種類)の姿が見られ、バードウォッチングに絶好のスポットです。多くのバードウォッチャーが訪れ、日本野鳥の会・軽井沢支部主催の探鳥会が毎年二回、開かれています。敷地内には公園が作られ、浅間山や八ヶ岳、北アルプスなどの山並みが一望でき、家族連れで遊びに来たり、散歩、バードウォッチングをする人達が多く訪れておられます。

友人のdokirimanさんから新作漫画が届きましたが、相変わらず面白いですよ。
「新作 白雪姫」
http://kt9.la.coocan.jp/mywebkabu/2008sirayuki.htm

調整池1-1
ほぼ全面凍結した調整池の向こうに八ヶ岳、右端が蓼科山
わずかに凍結していない池の隅に、多くの渡り鳥がいます (1月27日、撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(11) | トラックバック(0) ]

2008年01月28日
凍み豆腐
佐久市矢島(やしま・旧浅科村)地区で、特産の凍(し)み豆腐作りが最盛期を迎えています。
硬く水切りした豆腐を屋外で一晩かけて凍結させ、その後、ワラで編んで寒中の軒下に一週間ほど吊るしておきます。夜に凍結し、昼になると融け、何日も凍ったり融けたりしているうちに、完全に水分が抜け、凍み豆腐になります。

凍み豆腐は高野豆腐の名で全国に広まっていますが、高野豆腐(高野山で作られた)は関西圏で広く使われている名称で、甲信越地方、東北、北海道では凍み豆腐、凍り豆腐と呼ばれています。矢島地区の凍み豆腐作りは、寒さが厳しくなった昨年の12月中旬から始り、2月中旬まで続きます。

凍み豆腐1-1
凍った豆腐を吊るして干します (1月25日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(16) | トラックバック(0) ]

2008年01月27日
白鳥飛来
佐久市にある東京電力の調整池に今年も色々な渡り鳥が飛来していますので、昨日と今日、早朝から撮影に行きましたが、手袋の中に使い捨てカイロを入れても寒くて手が凍えました。
今日は長時間の撮影に疲れ、帰ろうとした時、空を見ると突然、白鳥が2羽飛んで来ました。調整池に降りる体勢に入りましたが、池がほとんど凍結していますので、着水を諦め千曲川の方向に飛んで行ってしまいました。二年ぶりに佐久市で見た白鳥、短時間の出会いでしたが、ものすごく感動し、撮影の疲れが吹っ飛びました。

一昨年、佐久市の千曲川へ白鳥が18羽(1羽だけ幼鳥・白鳥Jrがいました)1月中旬に飛来し、1ヶ月あまり滞在、多くの人達を楽しませてくれました。延べ二週間にわたって撮影した、白鳥飛来のスライドショーです。

白鳥飛来のスライドショー (2006年2月、佐久市で撮影)
http://kt9.la.coocan.jp/myweb10/images/jv2006haku.htm

白鳥Jr.のスライドショー (2006年2月、佐久市で撮影)
http://kt9.la.coocan.jp/myweb10/images/jv2006hakujr.htm

白鳥1-1
白鳥 (1月27日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2008年01月26日
レンガ
レンガ(煉瓦)は粘土や頁岩(けつがん・堆積岩)を型に入れ圧縮した後、乾燥し、窯で焼いて
造られます。レンガが建築材料として使用されるようになったのは大変古く、メソポタミア文明の時代で紀元前四千年から約千年間は日干し煉瓦が使用されていましたが、紀元前三千年頃からは建造物の外壁に焼成レンガが使用されるようになりました。

焼成レンガは土の中に入っている鉄分の影響で、赤褐色になります。日本で最初に造られた耐火レンガの建築物は幕末の反射炉で、外国人の指導で官営事業を中心にレンガの製造が始まりました。明治3年には日本初のレンガ工場が大阪府堺市に作られ、また、東京銀座の
レンガの街作りに大量のレンガが必要になり、東京の小菅にレンガ工場が築かれました。

レンガを二百万個使用した旧信越本線のアーチ橋 (めがね橋・明治25年に建築)
めがね橋のスライドショー (2005年1月10日撮影)
http://kt9.web.infoseek.co.jp/mywebin7/images/jvmegane.htm

伊豆韮山の反射炉
http://www.izunotabi.com/blog/view/archives/2007/02/post_1.html

レンガ1-3
レンガの壁 (1月13日、上田市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2008年01月25日
雪の造形
佐久地方では凍てつく寒さのことを凍(し)みると言いますが、凍みる日がここ数日続いていて、明日の佐久市の天気予報は日中最高温度がマイナス1度、最低温度はマイナス10度です。
23日に降った雪が積もった畑や田んぼでは、強い風と光が作り出した美しい雪の造形が広がっていました。撮影している間、冷たくて強い風がずっと吹き、手袋をした手が痺れ寒くて震え上がりました。

雪の造形1-2
雪の造形 (1月24日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2008年01月24日
佐久市の浅間山
佐久市から見る浅間山は、私がお気に入りの長野牧場からの浅間山が一番です。春夏秋冬、いつの季節も浅間山がすっきりとした姿を見せてくれると、ついつい長野牧場に撮影に行って
しまいます。

佐久市のブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000167207.html

浅間山・佐久1-4
浅間山 (2006年12月29日、長野牧場で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2008年01月23日
雪景色
今日は朝の9時頃から雪が降り出し、あたり一面、真っ白な雪景色になりました。雪が降り
しきる中、カワラヒワやスズメが集団で飛び回ったり、雪の中で楽しそうに遊んでいました。今も雪が降っていますが、積雪量はあまり多くありません。今日は東京でも午前中、この冬初めて(二年ぶりに)雪が降ったようです。

雪1-2
雪が降りしきるカラマツ林 (1月23日、長野牧場で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2008年01月22日
チョウゲンボウ
チョウゲンボウ(長元坊)は草原や湿原、農耕地などの広い範囲に生息しています。本州の中部地方以北と北海道で繁殖する留鳥で、他の地域では冬に渡来する冬鳥です。羽毛は赤褐色で黒斑があり、オスの頭と尾は青灰色、メスは赤褐色で翼の先が尖っています。

空中でホバリングをして獲物に狙いを定め急降下し、ノネズミ、トカゲ、カエル、バッタなどの
昆虫、小鳥などを捕獲して食べています。ハヤブサ科の鳥の中では飛行速度はあまり速く
なく、川沿いの崖のくぼみ、木の穴などに営巣しています。

チョウゲンボウ
: タカ目ハヤブサ科
: 全長 ♂約30cm ♀約33cm(ハトくらいの大きさ)
: 翼開長 約69〜76cm 

チョウゲンボウ1-2
チョウゲンボウ (2007年4月5日、須坂動物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]