掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2007年03月31日
神代桜
桜の花が全国各地で咲き出しましたが、佐久の桜は開花までしばらく時間が掛かります。昨年撮影した山梨県北杜(ほくと)市・武川(むかわ)町の実相寺にある神代桜をご覧下さい。神代桜は例年4月初旬から中旬に見頃を迎えますが、今年は開花が早く、今が見頃です。毎年、県内外から多くの花見客が訪れ、満開の桜と残雪の甲斐駒ヶ岳や南アルプスの素晴らしい光景を見ることが出来ます。

神代桜は日本最古の樹齢2000年と言われ、樹高約9m、根回り13.5mのエドヒガンザクラの老木です。桜の幹が長年の風雪により折れたり、腐っていましたので、樹木医の手によって
4年の歳月と約3千万円の費用をかけ甦りました。根尾谷の淡墨桜(岐阜県本巣市)、三春の滝桜(福島県田村郡三春町)と並ぶ日本三大桜の一つで、1922年(大正11年)に国の天然記念物に指定されています。

神代桜
http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/hokuto_wdm/html/joy-m/36967203865.html

神代桜1-6
神代桜 (2006年4月6日、実相寺で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:15 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2007年03月30日
ドバト
身近に多くいるドバト(堂鳩、土鳩)は、体に比べて頭が小さくて胸骨、胸筋が発達しています。
戦前・戦中は軍事用に、戦後は報道用の伝書鳩として活躍しましたが、今はレース用の鳩として飼育されています。鳩の帰巣本能には巣がある太陽の位置と放鳩地の太陽の位置のズレから巣の方向を知るという太陽コンパス説と、鳩が地磁気を捉えることで巣の方向を知るという地磁気説があります。

毎年、春と秋に行なわれる伝書鳩レースには年間に約160万羽の伝書鳩が参加していますが、そのうちの約38%にあたる60万羽近くが帰巣できずに迷子になり、野生化しています。日本へは奈良時代に既に持ち込まれていたと言われ、神社仏閣などに住み着いたことから、だうばと(堂鳩)、たうばと(塔鳩)などと呼ばれていたのがドバトの語源ではないか、と言われています。

友人のdokirimanさんから新作漫画が届きましたが、相変わらず面白いですよ。
「都知事選ポスター掲示板」
http://kt9.la.coocan.jp/mywebkabu/2007totiji.htm

ドバト
: ハト目ハト科
: 体長 約33cm (キジバト大)

鳩1-3
ドバト (3月2日、諏訪湖で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(11) | トラックバック(0) ]

2007年03月29日
マンホールの蓋・白馬村
北安曇(きたあずみ)郡白馬(はくば)村は長野県北西部に位置し、長野市、小川村、大町市、小谷(おたり)村、富山県の黒部市と朝日町の3市1町3村に隣接する人口約9,300人の村です。北アルプスの麓にあり、五龍岳、唐沢岳、白馬鑓ヶ岳(はくばやりがたけ)、杓子岳、白馬岳(しろうまだけ)など標高2,900m前後の北アルプスを代表する山々が連なっています。

山に挟まれた盆地の中を姫川が南北に縦断し、村内で松川、平川などの支流が姫川に合流しています。夏は登山や避暑地として、冬はスキーが盛んで、八方尾根、遠見尾根、岩岳などの山腹に、わが国を代表するスキー場があります。1998年2月に開催された長野オリンピックで白馬八方尾根スキー場では男女の滑降、男子スーパー大回転、複合の競技が、白馬ジャンプ競技場ではジャンプ競技が開催されました。

白馬村観光局
http://www.vill.hakuba.nagano.jp/index2.html

白馬村1-1
白馬三山と村花のカタクリの花がデザインされたマンホールの蓋

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 20:00 | 四季の写真 | コメント(14) | トラックバック(1) ]

2007年03月28日
アオゲラ
バードカービングで作っておられたアオゲラ(緑啄木鳥)が、本物そっくりに出来上がりました。
アオゲラは低山から高山帯の森に分布し、本州以南に生息する日本固有種のキツツキです。嘴で木に穴を開けて中に潜む昆虫の幼虫を食べたり、地上ではアリ、クモなどの昆虫や木の実も食べています。

頭部は灰色で、雄は頭頂部から後頭部までが赤、雌は後頭部だけが赤くなっています。顎の上が赤く、背中は黄緑色と薄褐色になっています。鳥の名は体の色が緑色(鶯色)をしていますので、アオゲラと付きました。(アオは古語では灰色がかった白や緑色を指します) この冬
アオゲラに出会いましたが、あいにくカメラを持っていなくて撮影出来ませんでした。残念無念!!

バードカービングのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000172498.html

アオゲラ
http://www.asahi-net.or.jp/~yi2y-wd/a-uta/uta-aogera.html

アカゲラのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000172224.html

アオゲラ
: キツツキ目キツツキ科
: 全長 約29cm (ヒヨドリより少し大)

アオゲラ1-1
バードカービングで作られたアオゲラ (3月11日、撮影)
本物と見まごうほど、羽も一枚一枚、精巧に彫られています。
完成するまでに延べ3ケ月、60時間以上かかったとのことでした。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:20 | 四季の写真 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2007年03月27日
マンホールの蓋・小川村
上水内(かみみのち)郡小川村は長野県北西部、長野市と白馬村のほぼ中間に位置し、長野市、大町市、白馬村、中条村、信州新町の2市1町2村に隣接する人口約3,300人の町です。村にあるアルプス展望広場では、南は野口五郎岳から北は白馬乗鞍岳まで、雄大なパノラマの北アルプス連峰を一望することが出来、その景観は信州の自然百選(景観選)、サンセットポイント百選に選ばれています。

村北部、標高約1,000mの大洞(おおどう)高原には60cmの反射望遠鏡がある小川天文台とプラネタリウム館があります。信濃三十三番札所巡りの札留所、高山寺には県宝に指定されている三重塔があり、また、猫寺伝説で有名な法蔵寺など史跡・文化財が数多くあります。
小川村は、おやきと蕎麦で有名です。

小川村観光協会
http://www.vill.ogawa.nagano.jp/kankou/index2.html

小川村1-1
蒸気機関車と星空(銀河鉄道)、小川天文台がデザインされたマンホールの蓋

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:19 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2007年03月26日
春到来
今日は穏やかに晴れ、すっかり春のような天気でした。日中の最高温度は14度、車の中は
暖かいというより暑く、エアコンを冷房モードにしました。今年初めて住まいの近くの林からウグイスの鳴き声が聞こえて来ましたが、結構上手に鳴いていました。また、ここのところ寒い日が続き、梅の開花が遅れていましたが、紅梅はかなり咲き出し、白梅はやっと蕾が膨らみ始め、もう少しで開花です。これからは三寒四温、いよいよ本格的な春がやって来ますので、嬉しく
なります。

梅1-6
紅梅 (3月26日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:18 | 四季の写真 | コメント(16) | トラックバック(0) ]

2007年03月25日
キジバト
キジバト(雉鳩)は平地や山地の林、都市部に棲息し、地面を歩き回りながら、草の種や木の実を食べています。一年中つがいで行動し、木の枝の上に小枝を組んで巣を作って通常2個の卵を産み、夕方から朝までの夜は雌が、昼間は雄が抱卵しています。雌雄同色で、翼に黒と赤褐色の縁取りのウロコ模様が、首筋に青灰色と紺色の縞模様があります。鳥の名は羽に
キジのような模様があるところから、キジバトと付きました。

キジバト 別名ヤマバト
: ハト目ハト科
: 体長 約33cm 

キジバト1-2
キジバト (2月25日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:25 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2007年03月24日
マンホールの蓋・伊那市
伊那市は長野県の南東部に位置し、駒ヶ根市、塩尻市、諏訪市、茅野市、富士見町、箕輪町南箕輪村、宮田村、大鹿村、木曽町、山梨県南アルプス市、北杜市、静岡県静岡市の7市
3町3村に隣接する人口約7万4千人の町です。東に南アルプス、西に中央アルプスが聳え、市の中央部を天竜川が流れています。2006年3月に伊那市と高遠町及び長谷村が合併し、新・伊那市が誕生しました。18日に伊那市で恒例の春の全国高校伊那駅伝が行われ、佐久長聖高校が二連覇を果たしました。

電気、精密、機械、食品などの製造業が発展し、米作り、野菜、果樹、花卉などの農業が盛んです。高遠城址公園の桜や仙丈ケ岳を中心とする南アルプス国立公園があります。中央アルプスの最高峰、駒ヶ岳(西駒・木曽駒・2956m)には、氷河期の面影を残す千畳敷カールが
あり、夏になると高山植物のお花畑がとっても綺麗です。ローメンは、マトンなどの肉と野菜を炒め、蒸した太い中華麺を使用し、ラーメンとも焼きそばとも違う伊那地方の名物です。

伊那市観光ガイド
http://ina-kankou.city.ina.nagano.jp/

高遠城址公園
http://www.city.ina.nagano.jp/kanko/tanoshimu/joshikoen/index.html

伊那市1-1
中央アルプス? 米俵を積んだ馬、馬をひく人と市章がデザインされたマンホールの蓋

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2007年03月23日
白鳥
昨年は佐久市の千曲川に18羽、飛来した白鳥(コハクチョウ)、残念ながら今年は一羽も飛来しませんでした。諏訪湖に白鳥が100羽以上飛来しているとの情報を聞き、白鳥に会いたくて
諏訪湖まで山道を片道60㎞、延べ五日間、通いました。諏訪湖にいた白鳥はシベリアへ帰る途中ですが、今頃は、どこで羽を休めているのでしょう。

コハクチョウはユーラシア大陸と北アメリカの北極圏に分布し、日本へは10月頃から北海道〜九州へ飛来します。湖沼や川で越冬する白鳥は、オオハクチョウが約27,000羽、コハクチョウが約25,000羽にのぼります。コハクチョウは、地上で木の実や落ち穂などをついばんだり、
逆立ちをして上半身を水中に入れ、水草の葉、茎、地下茎、根などを食べています。

諏訪湖で撮影した「白鳥飛来・2007」のスライドショーを、お楽しみ下さい。
http://kt9.la.coocan.jp/myweb30/images/jv2007haku.htm

ハクチョウの見分け方 
http://www3.famille.ne.jp/~ochi/bird/hakucho.html

コハクチョウ
: カモ目カモ科
: 体長 約1.2m 
: 翼開長 1.9m
: 体重 6〜8kg
: 雌雄同色

白鳥4-5
白鳥 (2月20日、諏訪湖で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:59 | 四季の写真 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2007年03月22日
マンホールの蓋・南箕輪村
上伊那郡南箕輪村は長野県の中央に位置し、伊那市を挟んで東西に大きな二つの飛び地になっていて、伊那市、箕輪町、楢川村の1市1町1村に隣接する人口約1万4千人の村です。天竜川の西岸に田園と畑が広がり、西に中央アルプス連峰の駒ケ岳(木曽駒ケ岳)・経ヶ岳、東に南アルプス連峰の東駒ケ岳(甲斐駒ケ岳)・仙丈ケ岳を望み、中央道の伊那ICから5km、伊北ICから10kmの位置にあります。

2006年2月、木曽山脈を貫く権兵衛トンネルの開通により、車で1時間30分かかっていた
近くて遠いお隣の地域と言われていた南箕輪村と木曽町が30分に短縮され、便利になりました。また、日本の村の中で唯一、国立大学(信州大学農学部)があります。

南箕輪村、観光情報
http://www.vill.minamiminowa.nagano.jp/kanko/index.html

南箕輪村1-1
トンボと魚とカニがデザインされたマンホールの蓋

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:47 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]