掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2006年08月31日
メハジキ
メハジキ(目弾き)は道端や荒れ地に生え、茎が四角で真っ直ぐに伸び、細い毛がびっしりと
生えています。茎の上部の葉の脇に、淡紅紫色の唇形の花を数個ずつ付けます。

メハジキの名の由来は、「目弾き」からきたもので、子供が茎を短く切ってまぶたにはめ、目を開かせて遊ぶことから付けられたものですが、非常に危険な遊びだそうです。別名をヤクモソウ(益母草)といい、母の益になる薬草という意味で、中国では古くから婦人薬として利用されて
きました。

メハジキ 別名 ヤクモソウ(益母草)
: シソ科メハジキ属
: 本州、四国、九州
: 二年草
: 高さ 50〜150cm
: 花の直径1〜1.3cm

メハジキ1-1.jpg
メハジキ (8月29日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:57 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2006年08月30日
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメキマダラヒカゲ(姫黄斑日陰)は山地性が強く、樹林帯でよく見られ、平野部には棲息して
いません。(北海道では低地でも見られます) 茶系統の地色に目玉模様を持ち、緩やかに
飛ぶものが多い中型の蝶です。

ヒメキマダラヒカゲ
: 鱗翅目ジャノメチョウ科
: 北海道、本州、四国、九州    
: 大きさ(前翅長) 25〜33mm

ヒメキマダラヒカゲ1-2.jpg
ヒメキマダラヒカゲとチダケサシ (2005年7月、八千穂高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:38 | 四季の写真 | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2006年08月29日
ヒゴタイ
ヒゴタイ(平行帯・平江帯)は朝鮮半島が原産地で、朝鮮半島と九州が繋がっていた時代から
分布し、太古の名残りの植物と言われています。葉はアザミの葉に似ていて棘があり、球形の花は瑠璃色の小さい花が集まっています。九州では普通に見られていましたが、生育環境の悪化により野生種は激減し、絶滅危惧種となっています。

変わった名前ですが、貝原益軒の大和本草(1709年)に「平行帯(ひんこうたい)、花 瑠璃色なり、葉は敗醤(おみなえし)に似たり」と記述されています。園芸種には、ヨーロッパ原産の
ルリタマアザミ(瑠璃玉薊)があります。

ヒゴタイ
: キク科ヒゴタイ属
: 熊本、大分、長崎、山口、鳥取、広島、岐阜、愛知
: 多年草
: 草丈 70〜180cm
: 花の直径 〜5cm

ヒゴタイ1-1.jpg
ヒゴタイ (8月26日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:08 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2006年08月28日
テングチョウ
テングチョウ(天狗蝶)は低山地の雑木林に生息し、鼻のように見える長い口ひげを持っています。日本に生息しているテングチョウ亜科はこの一種のみで、生きた化石とも呼ばれています。暑い夏は夏眠に入り、涼しくなった秋に再び活動し成虫で越冬し、春先に産卵します。

蝶の名は、口ひげが目立って長く天狗の鼻のように見えることから付きました。テングチョウを見つけ、撮影を始めた途端すぐに飛んで行ってしまい、残念ながら写真はたった二枚しか撮れませんでした。今日の写真は、その内の一枚です。

昨年撮った「花と昆虫、2005」のスライドショーを、お楽しみ下さい。
今年も「花と昆虫、2006」のスライドショーを作成する予定です。

「花と昆虫、2005」、スライドショー
http://kt9.web.infoseek.co.jp/mywebin8/images/jv2005hk.htm

テングチョウ
: 鱗翅目テングチョウ科
: 北海道、本州、四国、九州
: 大きさ(前翅長) 19〜29mm
: 幼虫の食草 エノキ(榎)など

テングチョウ1-2.jpg
テングチョウとヒヨドリバナ (8月3日、八千穂高原で撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:00 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2006年08月27日
トモエシオガマ
トモエシオガマ(巴塩竃)は亜高山帯から高山帯の草原に生え、茎の上部に紅紫色のねじれた花を巴状に咲かせます。トモエシオガマはシオガマギク(塩竃菊)の高山型で、シオガマギクは茎の下の方まで花を付けますが、トモエシオガマの花は茎の上部にまとまって付けます。花の名は上から見ると巴の形に見えることから付きました。

塩竃の由来については、ヨツバシオガマ(四葉塩竃)のブログで
http://shinshu.fm/MHz/82.40/2006/07/25/

トモエシオガマ
: ゴマノハグサ科シオガマギク属
: 北海道、本州(中部地方以北)
: 多年草
: 草丈 40〜50cm

トモエシオガマ1-3.jpg
トモエシオガマ (8月13日、高峰高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:38 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2006年08月26日
キアゲハ
キアゲハ(黄揚羽)は、草原や水田の周辺など日当たりの良い明るい場所に生息しています。
アゲハに似ていますが、翅の地色が黄色くて前翅の付け根が黒く、普通のアゲハ(前翅の
付け根は縞模様になっている)と見分けることが出来ます。この蝶も花から花へ激しく飛び回りますので撮影するのが大変でしたが、やっと満足のいく写真が撮れました。

キアゲハ
: 鱗翅目アゲハチョウ科
: 北海道、本州、四国、九州    
: 開張 春型90mm 夏型100mm
: 幼虫の食草 セリ、ニンジン、パセリ、ミツバなど

キアゲハ1-3.jpg
キアゲハ (8月4日、軽井沢で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:28 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2006年08月25日
ソバナ
ソバナ (岨菜)は山地の沢沿いや林縁に生え、茎に淡青紫色で釣鐘状の花が垂れ下がっています。ツリガネニンジン(釣鐘人参)とよく似ていますが、花の付き方がツリガネニンジンは茎に車輪状に付くのに対し、ソバナは一つずつ独立して付いています。ソバナは漢字で岨菜と書きますが、岨は切り立った崖を意味しています。

ソバナ
: キキョウ科 ツリガネニンジン属
: 本州、四国、九州
: 多年草
: 草丈 50〜100cm
: 花の長さ 2〜3cm

ソバナ1-1.jpg
ソバナ (8月16日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:47 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2006年08月24日
ベニヒカゲ
ベニヒカゲ(紅日陰)は氷河期から生存する日本固有の小型の蝶で、本州では標高1500m
以上の高山〜亜高山帯の草地や崖地に生息しています。茶褐色の地色にオレンジ色の斑紋があり、飛んでいる時はオレンジ色の斑紋が目立ちます。ベニヒカゲは長野県の天然記念物に、また、絶滅危惧種にも指定され長野県、群馬県では採集禁止になっています。蝶の名は紅色の模様があるヒカゲチョウということから付きました。

ベニヒカゲ
: ジャノメチョウ科ベニヒカゲ属
: 北海道、本州(中部地方以北)     
: 前翅長 17〜27mm
: 食草 幼虫はカヤツリグサ科、イネ科などの植物

ベニヒカゲ1-3.jpg
ベニヒカゲとハクサンフウロ (8月13日、高峰高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:21 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2006年08月23日
セイヨウフウチョウソウ
セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)は南米、西インド諸島が原産地で、日本へは明治の初めにヨーロッパから渡来しました。花は夕方に咲き始め、翌日の昼頃にはピンク色が薄くなります。花の名は、花の形が蝶が舞う姿を連想させるところから付きました。

セイヨウフウチョウソウ 別名 クレオメ、酔蝶花(すいちょうか)
: フウチョウソウ科クレオメ属
: 一年草
: 高さ 50〜150cm

西洋風蝶草1-6.jpg
セイヨウフウチョウソウ (8月15日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:20 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2006年08月22日
ルリタテハ
ルリタテハ(瑠璃立羽)は森林や雑木林の周辺に生息し、素早く飛び回るのが特徴で、紺色の地に瑠璃色の帯が美しい大型のタテハチョウです。前翅の先端部の帯模様は白く、翅の裏側には灰褐色で細かい模様があり、翅を閉じると樹皮や枯葉によく似た隠蔽色となります。

図鑑でしか見たことがなかったこの蝶に今回初めて出会い、その美しさに感動しました。翅の表は上手く撮影できましたが、翅の裏を撮ろうとした途端、飛び去ってしまい残念無念です。

ルリタテハ
: 鱗翅目タテハチョウ科
: 北海道、本州、四国、九州    
: 開帳 65mm
: 幼虫の食草 サルトリイバラ、ホトトギスなどの植物

ルリタテハ1-1.jpg
ルリタテハ(夏型の♀)がヒヨドリバナに (7月26日、八千穂高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 17:44 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]