掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2006年07月31日
ミヤマホツツジ
ミヤマホツツジ(深山穂躑躅)は亜高山帯や高山帯の草地や岩場に生え、淡いピンクを帯びた白い花をまばらにつけます。花びらがくるっと丸まり、花の外に突き出した雌しべは長く、上に反り返っています。

ホツツジ(穂躑躅)の高山型で花の付き方が穂状ではなく、3枚の花びらが反り返っているのが特徴です。名の由来は、花が穂状につくホツツジの仲間で、高山(深山)に生えるホツツジということから付きました。

ミヤマホツツジ
: ツツジ科ミヤマホツツジ属
: 北海道、本州(中部地方以北)
: 落葉低木
: 草丈 30〜80cm
: 花の大きさ 約1〜2cm

ホツツジ1-1.jpg
ミヤマホツツジ (7月22日、高峰高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 20:02 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2006年07月30日
クジャクチョウ
クジャクチョウは夏の高原を代表する美しいタテハチョウで、アザミ、マツムシソウなど色々な
花を訪れます。羽の表に孔雀の羽にある目玉模様があるのが特徴で、学名はイオ・ゲイシャ。イオはギリシャ神話に登場する美しい女神、ゲイシャは芸者、蝶の美しさを強調した学名です。

9月初めに数を増し、成虫で越冬します。クジャクチョウやルリタテハなどタテハチョウ科の蝶が成虫で越冬するようになったのは、野鳥の繁殖が終わる頃に幼虫を出現させ、幼虫が野鳥の被害に遭わないようにする為だと考えられています。

クジャクチョウ(孔雀蝶)
: 鱗翅目タテハチョウ科
: 北海道、本州(中部地方以北)
: 大きさ(前翅長) 24〜35mm

Dsc_9037.jpg
クジャクチョウの裏、背景はサルビア (2005年8月、軽井沢で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:33 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2006年07月29日
アサマキスゲ
アサマキスゲ(浅間黄菅)は、日中に咲くニッコウキスゲに似ていますが、花の色が淡く、夕方に咲いて翌朝には萎んでしまう一日花で、別名、ユウスゲ(夕菅)といいます。特に浅間山周辺で咲くものは、浅間黄萓(アサマキスゲ)と呼ばれています。

両陛下と紀宮さまからの贈り物、ユウスゲの種、軽井沢町植物園に
http://www.karuizawa-news.org/04/natu005.htm

天皇、皇后両陛下が御採種、軽井沢町に贈られたユウスゲの種子 
http://www.karuizawa-news.org/04/natu015.htm

ニッコウキスゲのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/2006/07/20/

アサマキスゲ 別名 ユウスゲ(夕菅)
: ユリ科ワスレグサ属
: 多年草
: 草丈 1〜1.5m

ユウスゲ1-2.jpg
アサマキスゲ (7月23日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 10:52 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2006年07月28日
タカトウダイ
タカトウダイ(高燈台)は、山地や高原などに生え、直立した茎の先に五枚の葉を輪生し、中心から数個の得を出して小さな杯状の花をつけています。

花の名は、花の形がローソクを使用した昔の照明(灯を受ける皿のように見える部分が燈台と言われる)に似ていて、燈台草より草丈が高いのでタカトウダイと付けられました。

タカトウダイ
: トウダイグサ科トウダイグサ属
: 本州、四国、九州
: 多年草
: 草丈 30〜80cm
: 花の大きさ 約1〜2cm

タカトウダイ1-3.jpg
タカトウダイ (7月22日、高峰高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:21 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2006年07月27日
チダケサシ
チダケサシ(乳茸刺)は山野の湿った草地に生え、細長い茎の上に薄いピンク色の円錐形の
小さな花をつけます。花の名は、チダケ(乳茸)というキノコをこの茎に刺して持ち帰ったことから付いたと言われています。

「初夏の高原の花・2006」のスライドショーが出来上がりましたので、お楽しみ下さい。
http://kt9.la.coocan.jp/myweb20/images/jv2006skh.htm

チダケサシ
: ユキノシタ科チダケサシ属
: 本州、四国、九州
: 多年草
: 草丈 30〜80cm

チダケサシ1-4.jpg
チダケサシ (7月15日、軽井沢町植物園で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:52 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2006年07月26日
クロバナエンジュ
クロバナエンジュ(黒花槐)は北米南部の原産で、日本へは大正時代の初めに渡来し、紫黒色の総状花序に小さな蝶の形をした花を沢山つけ、葯の黄橙色が目立ちます。元来、急斜面や山を削って造った道路の法面の崩落防止に植えられたものですが、今では各地で野生化しています。

花の名は、葉がエンジュ(槐)に似ていて花が黒いことから付きました。別名、イタチハギ(鼬萩)とも呼ばれ、紫黒色の穂のような花からイタチの尾を連想して名付けられたようです。

エンジュ(槐)
http://www.ne.jp/asahi/ei/green/7107/77242.html

クロバナエンジュ
: マメ科クロバナエンジュ属
: 落葉低木
: 樹高 1〜5m

Dsc_9640.jpg
クロバナエンジュ (7月11日、車山高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:12 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2006年07月25日
ヨツバシオガマ
ヨツバシオガマ(四葉塩竃)は、亜高山から高山の草原や砂礫地に生え、薄紫色の花が段状に咲き、花の先は紅い色が濃くなり鳥の頭と嘴のような形をしているのが特徴です。

花の名は、ニンジンの葉によく似た切れ込みの多い四枚の葉と、花だけでなく葉まで(浜で)
美しいことから、海辺で趣のあるシオガマ(塩竃・海水を汲み入れて塩を精製するカマド)の
名がついたと言われています。

ヨツバシオガマ
: ゴマノハグサ科シオガマギク属
: 中部以北の高山地帯
: 多年草
: 高さ 20〜50cm

ヨツバシオガマ1-1.jpg
ヨツバシオガマ (7月11日、八千穂高原・麦草峠・標高2127m付近で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:55 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2006年07月24日
ニガナ
ニガナ(苦菜)は山地や野原、草地に生え、茎の先端で枝分れし、黄色の小さな花をつけます。花の名は、葉や茎を傷つけると苦みのある白い乳液が出るところから、この名が付きました。

友人のdokirimanさんから新作漫画が届きましたが、相変わらず面白いですよ。
獅子奮迅
http://kt9.la.coocan.jp/mywebkabu/sisi.htm

ニガナ
: キク科 ニガナ属
: 北海道、本州、四国、九州
: 多年草
: 草丈 40〜70cm
: 花の直径 約1.5cm位

ニガナ1-1.jpg
ニガナ (7月11日、八千穂高原で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:06 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2006年07月23日
チシマギキョウ
チシマギキョウ(千島桔梗)は高山の岩礫地や岩場の割れ目に生え、茎の先に長さ3〜4cm
ほどの青紫色の筒型の花を横向きに咲かせます。花には五つの深い切れこみがあり、内部や縁に白い毛が生えています。花の名は、北海道の千島で最初に発見され、チシマギキョウの名が付きました。

チシマギキョウ
: キキョウ科ホタルブクロ属
: 北海道〜本州(中部地方以北)
: 多年草
: 草丈 5〜10cm

チシマギキョウ1-2.jpg
チシマギキョウ (7月11日、八千穂高原・麦草峠・標高2127m付近で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:42 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2006年07月22日
ザクロ
ザクロ(柘榴)は初夏に鮮やかな紅い花を咲かせます。緑の中にザクロの紅い花が一輪咲く姿を、中国宋代の詩人、王安石が「万緑叢中紅一点」と詩に詠みましたが、いわゆる「紅一点」の言葉の出典です。果実は秋に熟し、庭木、盆栽など観賞用に栽培されています。

ザクロのブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/2005/12/13/

ザクロ
: ザクロ科ザクロ属
: 北海道、本州、四国、九州
: 落葉小高木
: 薬効 下痢止、虫下し

ザクロ1-2.jpg
ザクロ (7月14日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 21:02 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]