掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年11月08日
オニツルウメモドキの実
軽井沢町植物園で、オレンジ色の美しい実を見つけました。オニツルウメモドキ(鬼蔓梅擬)の実でした。オニツルウメモドキは、山野に見られる雌雄異株の落葉性のツル性植物で、5〜6月に黄緑色の小さな花が咲きます。秋に黄色で美しい球形の実が沢山なり、黄色い実は三つに裂け、中から可愛い赤橙色の仮種子が現われます。

裏面の葉脈に突起状のものがあるものをオニツルウメモドキと呼びますが、ツルウメモドキには、突起状のものがありません。葉の形や若枝が、ウメモドキや梅に似ているので、この名が付きました。オニツルウメモドキの花を見たことがありませんので、来年の春に、花を撮ってみたいと思っています。

オニツルウメモドキ(鬼蔓梅擬)
: ニシシギ科 ツルウメモドキ属
: 北海道、本州、四国、九州
: 落葉蔓性木本 雌雄異株
: 果実 直径7〜8mm

オニツルウメモドキの実1-1.jpg
オニツルウメモドキの実 (10月28日、軽井沢町植物園で撮影)


続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:43 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]