掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年11月25日
シロヤマブキの実
シロヤマブキ(白山吹)は、本州(岡山、広島)の石灰岩地などに希に自生する高さ2m位の
落葉低木です。朝鮮半島から中国大陸に生育する植物で、朝鮮半島と日本がほぼ陸続き
だった氷河時代に分布した植物の一つであると、考えられています。

葉の形や幹は、ヤマブキに似ていて、春に枝先に直径3〜4cmの白い花を一つ咲かせます。
ヤマブキは、花弁が5枚、シロヤマブキの花弁は4枚です。秋に長さ7mm位の楕円形で光沢のある黒い実が4個つきます。名の由来は、白い花の咲くヤマブキから付きました。

シロヤマブキ(白山吹)
: バラ科 シロヤマブキ属
: 本州(岡山、広島)
: 落葉低木

シロヤマブキの実1-1.jpg
シロヤマブキの実 (11月19日、軽井沢町植物園で撮影)


続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:12 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]