掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年11月23日
ウバユリの実
ウバユリ(姥百合)は、落葉広葉樹林に生育し、葉脈が網状脈(単子葉植物の多くは平行脈)で、花も左右相称であること等で、他のユリ科の植物と異なっています。春にユリ科とは思えない根生葉を広げ、7月から8月に高さ1mほどの花茎を出します。

花は、緑白色で長さは7〜10cm、蕾の時は上を向き、咲くと水平方向に向きます。花を見たことがありませんので、来春が楽しみです。ウバユリの名は、花が咲く頃に根元の葉(歯)が枯れてなくなるので、「歯のない姥」に例えられました。

ウバユリ(姥百合)  
: ユリ科ウバユリ属
: 宮城県、石川県以西の本州、四国、九州
: 落葉広葉樹林下に生育
: 草丈 50〜100cm

ウバユリの実1-1.jpg
ウバユリの実 (11月13日、軽井沢町植物園で撮影)


続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 19:27 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]