掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年11月01日
ニシキギの実
今日からもう11月、年賀状が発売になり、あと二ヶ月で今年も終わりです。月日の経つのは
本当に早いですね。

軽井沢町植物園で、赤橙色の可愛い実が沢山なっている木を見つけました。ニシキギ(錦木)でした。ニシキギは、湿地の周辺や渓流沿いなどの湿潤な場所を好む落葉低木です。4月〜6月に、小さなクリーム色の花が咲き、枝に薄い翼状の幅1cm位のコルク層が出来ます。ニシキギは、コマユミの母種に当たり、コマユミの枝に翼が付いているのがニシキギです。

体に刺さったトゲ抜きに、この翼を取り乾燥、黒焼きにした後、粉末にして飯粒と混ぜて練り、布に塗って患部に貼ります。ニシキギは漢字で錦木と書き、燃えるような錦に紅葉することから付けられました。プリンスのゴルフ場の生垣にも利用されていて、延々と続く真っ赤なニシキギが、すごく綺麗でした。

ニシキギ (錦木)
: ニシシギ科ニシシギ属
: 北海道、本州、四国、九州
: 落葉低木

ニシキギの実1-1.jpg
ニシキギの実 (10月22日、軽井沢町植物園で撮影)


続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 20:39 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]