掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年09月30日
アケボノソウ
明日からは早や10月、陽が落ちるのが早くなり、朝晩は涼しいというより寒くなってきました。

軽井沢町植物園で、小さくて素敵な花を見つけました。アケボノソウでした。アケボノソウは、
一年目は根生葉だけのロゼットで生育し、二年目に地上茎を出して花を咲かせる二年草です。
茎は四角形で高さ1mほどになり、花は5つに分かれ花びらの先にある黄緑色の二つの班点に虫を誘う蜜腺があります。このような場所に蜜腺がある植物は、他に殆どありません。

アケボノソウ(曙草)の名前の由来は、星の形をした花びらに、黒紫色の小さい斑点と黄緑色のやや大きな丸い斑点が2個あり、この丸い斑点を夜明けの星空に見立てて名付けられました。白い花びらに黒紫色の点と黄緑色の二つ斑点の色合いがたいへん美しく、花をじっと見ていると、小さな宇宙に吸い込まれそうになります。

アケボノソウ(曙草)
: リンドウ科 センブリ属
: 北海道〜九州
: 山地の湿地に分布する二年草
: 草丈 50〜80cm
: 花 2cm

アケボノソウ1-1.jpg
アケボノソウ、花びらの先にある黄緑色の二つの丸い班点に虫を誘う蜜腺があります。
(9月26日、軽井沢町植物園で撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:11 | 四季の写真 | コメント(9) | トラックバック(1) ]

2005年09月29日
キキョウ
園芸種のキキョウはよく見かけますが、高峰高原で、野生種のキキョウを初めて見つけました。キキョウは、秋の七草の一つで、日当たりの良い山野、乾いた草原に生育しています。近年、個体数が減少しており、環境庁のレッドデータブックで絶滅危惧II類に分類され、100年後には絶滅すると言われています。草丈40〜100cm位で、茎の先端に5裂した広い鐘形で紫色
(まれに白色)の花を付けます。英語では、蕾が風船の様に膨らむことから、balloon flowerと
呼ばれています。

万葉集で、山上憶良(やまのうえのおくら)が「秋の野に咲きたる花を指折り、かき数ふれば
七草の花。萩の花、尾花(すすき)、葛花、なでしこの花、女郎花(おみなえし)、藤袴、朝貌
(あさがお)の花」と歌った朝貌の花は、キキョウだと言われています。現在、我々がアサガオと呼んでいる植物は熱帯アジア原産で、日本へは平安時代に入り、8世紀の万葉集の時代にはまだ渡来していなかったと考えられています。

キキョウ(桔梗)
: リンドウ科 キキョウ属.
: 北海道、本州、四国、九州
: 山野の草地に生える多年生草本
: 草丈 40〜100cm
: 花 4〜5cm
: 薬効 去痰、排膿、鎮痛、解熱、

Dsc_0394.jpg
キキョウ (9月21日、高峰高原で撮影)
[ 投稿者:良さん at 20:39 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2005年09月28日
フジバカマ
軽井沢町植物園で、フジバカマに止まっているアサギマダラを一匹見つけました。華麗で優雅に舞うアサギマダラ、いつ見ても感動します。この蝶は渡り蝶で、時期的に、そろそろ南下する頃です。今年は、佐久市の園城寺(6月)、八千穂高原(8月)、高峰高原(9月)、軽井沢町植物園(9月に3回)で、アサギマダラに何度も出会え、幸せでした。

フジバカマは秋の七草の一つで、奈良時代に薬草として中国から入って来ました。茎の高さは1m位、葉は茎に向かい合ってつき長楕円で、周囲がギザギザしています。茎の先に、筒状の淡い紅紫色の小さな花をたくさん付けています。近年、生育に適した草地が減ってきたため激減し、環境庁のレッドデータブックでは絶滅危惧II類に指定され、100年後には絶滅してしまうと言われています。名前の由来は、花の色が藤色(淡い紅紫色)で、花の形が袴を連想させるところから、藤袴と呼ばれるようになりました。フジバカマによく似たヒヨドリバナもアサギマダラが大好物の花です。  

フジバカマ(藤袴)
: キク科 ヒヨドリバナ属
: 関東地方以西、四国、九州
: 山林や山地に咲く多年草
: 草丈 100〜150cm
: 花 1〜1.5cm
: 薬効 利尿剤、血糖降下、解熱、糖尿病

Dsc_0996.jpg
フジバカマにアサギマダラ (9月26日、軽井沢町植物園で撮影)
(アサギマダラは、5/14、6/22、8/28のブログにも掲載)
[ 投稿者:良さん at 19:06 | 四季の写真 | コメント(16) | トラックバック(1) ]

2005年09月27日
ナツアカネ
「夕焼け小焼けの赤とんぼ・・・・」、赤トンボは、秋の風物詩ですね。赤トンボは、ナツアカネとアキアカネの二種類がいます。名前が夏と秋なので、出てくる季節が違うのではないかと思う人もおられるでしょうが、どちらも夏から秋にかけて見られる赤トンボです。また、ナツアカネと
いうと、夏だけのトンボようなイメージがありますが、アキアカネより遅くまで見られます。

アキアカネは、暑さに弱く、夏の間は涼しい高原で過ごし、秋になると平地に下りて来ます。
ナツアカネは、夏も平地や丘陵地の池、水田などで過ごしています。ナツアカネは、アキアカネより一回り小さく、成熟したオスは、頭から尾の先まで体全体が真っ赤になるのに対し、アキアカネは、主に腹部だけが色づきます。両種は、よく似ていますが、胸部の模様(黒色条)などで見分けることが出来ます。

ナツアカネ
分類 トンボ目 トンボ科
分布 北海道・本州・四国・九州
大きさ 35〜40mm
時期 7〜11月

Dsc_0552.jpg
ナツアカネ (9月23日、撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:45 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2005年09月26日
セキヤノアキチョウジ
軽井沢町植物園で、枝から沢山ぶら下がっている青紫色の小さな花を見つけ、係の方に名前をお聞きしたところ、セキヤノアキチョウジでした。セキヤノアキチョウジ???、変わった名前です。セキヤノアキチョウジは、枝先や葉腋から花枝を出し、細長い花柄の先に青紫色の丁字形の2〜3cmの花を多数つけます。アキチョウジ(秋丁字)に似ていますが、葉の先端が尖っていたり、花柄が長かったりするところが異なるようです。

アキチョウジ(秋丁字)の名前は、秋になって丁子の蕾みに似た花が咲くことから付きました。セキヤノアキチョウジの名前の由来は、箱根に多く自生していたので「関屋(関所の番小屋)の秋丁子」と呼んだのだそうです。アキチョウジが岐阜県以西に分布するのに対し、セキヤノアキチョウジは、関東と中部地方に分布しています。

アキチョウジ(秋丁字)
http://homepage.mac.com/n_yoshiyuki/hana/akityouji.html

セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子)
: シソ科 ヤマハッカ属
: 関東、中部地方
: 山地の木陰に生える多年草
: 草丈 30〜90cm
: 花 2cm〜3cm

セキヤノアキチョウジ1-1.jpg
セキヤノアキチョウジ(9月23日、軽井沢町植物園で撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:16 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2005年09月25日
サクラタデ
昨日、今日と二日間、ぐずついた天気でしたので、写真は一枚も撮らず、最近撮った写真の
整理をしました。私は、撮った写真を一枚でも多く削除するのが楽しみで、今回かなりの枚数を削除しましたので、すっきりしました。

軽井沢町植物園で、小さな桜のような美しい花を係の方に教えていただきました。サクラタデ
でした。サクラタデは、水辺に生える高さ50〜100cmになる多年草です。花穂は細長く、まばらに5弁の淡紅色の直径5〜6mmの花をつけます。サクラタデ(桜蓼)、ほんのり紅に染まった白くて可愛らしい花で、その名の通り、桜を思わせる姿でした。

サクラタデ(桜蓼)
: タデ科 イヌタデ属
: 本州、四国、九州、沖縄
: 湿地、水辺に咲く多年草
: 草丈 50〜100cm

サクラタデ1-1.jpg
サクラタデ (9月23日、軽井沢町植物園で撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:27 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2005年09月24日
倒立トンボ
今年もトンボを数多く撮りましたが、逆立ちをしているトンボを初めて撮りました。最初は、普通の姿勢で稲穂に止まっていたのですが、時間が経つにつれ、だんだんと逆立ちを始めました。最後は、90度に近い角度まで尻尾を上げ、体操競技だと十点満点の演技でした(笑)

トンボは、全世界に約5000種類、日本には200種類近くが分布しています。肉食性で、蚊、ハエ、蝶、蛾などの昆虫を空中で捕食します。トンボの名前の由来は、一説には「稲穂が飛んでいる(飛ぶ穂)ように見えたから」とも言われています。また、トンボは、勝ち虫と呼ばれ縁起物として武士に喜ばれ、戦国時代には兜や鎧(よろい)、箙(えびら)、刀の鍔(つば)などの武具、陣羽織や印籠の装飾に用いられました。

Dsc_0050.jpg
稲穂の上で倒立するトンボ (9月19日、撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:53 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2005年09月23日
変漢ミス
先日、日本漢字能力検定協会から「変漢ミス」コンテストの年間賞が発表されました。パソコンやメールの文章作成中に、変換ミスで、同じ読みで全く違う意味になった例を募集し、面白さを競ったものです。私も、パソコンでメールを作成している時に、とんでもない変換文字が出て、
驚くことがあります。

今年の最優秀作品は、「今年から海外に住み始めました」→「今年から貝が胃に棲み始めました」でした。この他、「正解はお金です」→「政界はお金です」、「規制中で渋滞だ」→「寄生虫で重体だ」、「地区陸上大会」→「チクリ苦情大会」といった変換ミスが上位に並びました。

このコンテストは、「漢字は必須能力であり、正しく使用することの重要性を再認識する」のが
目的で、行われています。変換ミスを見て 「面白い」と、思っているうちはいいのですが、いずれ「どこが間違っているの?」という人が出てこないだろうかと、心配です。それは、私のことですが(笑) 何か面白い「変換」ミスがありましたら、コメント欄に投稿をお願いします。

「変漢ミス」コンテスト
https://www.challenge-net.jp/henkan/

Dsc_0483.jpg
部屋から見た今朝の雲 (9月23日午前6時37分、撮影)
[ 投稿者:良さん at 20:06 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2005年09月22日
ママコノシリヌグイ
軽井沢町植物園で蕎麦の花に似た小さくて可愛い花を見つけ、係りの方にお聞きしたところ、ママコノシリヌグイという花でした。ママコノシリヌグイ?? 今年、写真を撮った花の中で、一番
忘れられない名前です。

ママコノシリヌグイは、道端や野原などに生えるツル草で、葉の裏や茎に鋭い棘があります。
棘のある葉柄の先端に、三角形で長さ3〜8cmの葉をつけます。小さな花が頭状に集まり、ガクは、5深裂して紅色から淡紅色を帯びています。花の名前の由来は、鋭い棘のある草で継子(ままこ)の尻を拭う、ということからだそうですが、愛らしい花に、随分恐ろしい名前を付けた人がいたものです。

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭) 別名:トゲソバ
: タデ科 タデ属
: 北海道、本州、四国、九州
: 林縁や草原に咲く多年草
: 草丈長さ1m〜2m

Dsc_0824.jpg
ママコノシリヌグイ、茎に鋭い棘が (9月23日、軽井沢町植物園で撮影)
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2005年09月21日
サラシナショウマ
軽井沢町植物園で、遠くからもよく目立つ長いブラシのような白い花が咲いていました。サラシナショウマでした。蝶々や昆虫が一杯集まっていて、近づくとすごく良い香りがします。蝶々や昆虫達も、蜜が美味しい花を知っているようです。昨年、香料会社の人が、この花を観察する
ために来られたそうです。

サラシナショウマは、茎が50〜150cmになり、葉は互生しています。花は、茎頂に長いブラシのように長さ20〜30cmの白色の小さな花を多数つけ、穂状(すいじょう)花序を形成しています。 サラシナショウマの名前は、サラシナは、若芽を摘んで水にさらして食べたことに由来し、「晒菜升麻(しょうま)」という名が付きました。 升麻と呼ばれる漢方薬は、晒菜升麻から採れるそうです。

サラシナショウマ (晒菜升麻)
: キンポウゲ科 サラシナショウマ属
: 北海道、本州、四国、九州
: 林縁や草原に咲く多年草
: 草丈50〜150cm
: 薬効 発汗、解熱、解毒薬

サラシナショウマ1-1.jpg
サラシナショウマ (9月8日、軽井沢町植物園で撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:20 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]