掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年07月06日
アマドコロ
昨年、八千穂高原で、茎の脇から細長い鈴のような可愛い白い花をいくつもつけた植物を見つけました。初めて見る花で図鑑で調べたところ、アマドコロでした。葉は両端の尖った長楕円形で、表面がやや堅く、少し厚みがあり裏面が白くなっています。花の形がよく似ているものでは、ホウチャクソウ(宝鐸草)、ナルコユリ(鳴子百合)があります。アマドコロの名前の由来は、根茎がヤマノイモ科のトコロ(オニドコロ)に似て、甘味があるということから名付けられました。

アマドコロ
: ユリ科 アマドコロ属 高さ30〜60cm。葉の長さ5〜15cm、幅2〜5cm。
: 北海道・本州・四国・九州に分布。
: 葉腋から花柄を下垂し、白色で先端が緑色を帯びた長さ1.5cmくらいの筒型の花をつける。
: 薬効 滋養強壮、老化防止、脳卒中、(根茎を乾燥し、煎じ煮詰めたものを濾して服用)
     打撲傷、捻挫には、生の根をすりおろし患部に厚めに塗る。

花2-2.jpg
アマドコロ (2005年6月、撮影)
[ 投稿者:良さん at 21:06 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]