掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年07月31日
龍神まつり
昨日、佐久市と軽井沢町の間にある、御代田町(みよたまち)で「龍神まつり」が開かれました。この祭りは、龍神伝説発祥の地、真楽寺(しんらくじ)で龍神の開眼式が行われ、龍神「三郎」と「舞姫」が1年間の眠りから目覚め、龍神の舞を始めます。夜になり「龍神の杜(もり)公園」で龍神太鼓が鳴り響くなか龍神の舞が始まり、「龍神」は頭を上げ、とぐろを巻き、大きく胴体をうねらせながら走り回り、祭りはクライマックスを迎えます。

龍神、「三郎」は長さが45m、太い所の胴回り約3.3m、50人で担ぎ日本で一番長い龍と言われています。龍神、「舞姫」は、長さが21mあります。平成10年、長野冬季オリンピックに龍神太鼓保存会「鼓響(こきょう)」と共に参加、同年の長野冬季パラリンピックの閉会式に、また今年3月に開催されたSO(スペシャルオリンピックス)冬季世界大会の閉会式にも出演し、全世界に「龍神の舞」を披露しました。

昨年の「龍神まつりのスライドショー」をお楽しみ下さい。(平成16年7月31日、撮影)
target="_blank">http://kt9.web.infoseek.co.jp/mywebin5/images/jvryu.htm

Dsc_7586_2.jpg
龍神の舞 (平成17年7月30日、撮影)
[ 投稿者:良さん at 21:01 | 四季の写真 | コメント(17) | トラックバック(0) ]