掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年07月29日
オカトラノオ
霧ケ峰、八千穂高原ではオカトラノオが顔を出しています。オカトラノオは、丘陵や山地の日当たりのよい草地に生える高さ50cm〜100cmほどの多年草で、名の由来は、長く伸びた花序(花の配列や茎に花がつく様子)を虎の尾に見立てて付けられたものです。オカトラノオ(岡虎の尾)に対して、湿地に生育するヌマトラノオ(沼虎の尾)があります。

茎頂に10〜30cmの総状花序を出し、白い小さな花を沢山つけます。花の直径は1cm位、深く5つに裂けているので、花びらが5枚あるように見えます。緩やかに垂れ下がって先端の方が上に少し立ち上がり、とても優美な曲線を描いています。また、花序全体の姿も美しいのですが、一つ一つの花も姿が整っていて、清楚で美しい形をしています。

オカトラノオ(岡虎の尾)
: サクラソウ科 オカトラノオ属
: 北海道、本州、四国、九州 
: 多年生草本
: 草丈50cm〜100cm
: 花(花冠)の直径は1cm

オカトラノオ1-1.jpg
オカトラノオ (7月20日、撮影)
[ 投稿者:良さん at 18:22 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]